FC2ブログ
キック・アス/ジャスティス・フォーエバー (2013)
2014 / 02 / 23 ( Sun )
こちらが危惧していたとおりの、血は血でしか贖えない復讐の様が、無遠慮で際限のない負の連鎖が、浮ついたユーモアとゆがんだシリアスさの奇妙なバランスで描かれる。いや、前作もそうだったし、原作だってそもそもそうだった。これがジェームズ・ガン『スーパー!』であれば、巻き起こる全てはミドルクライシス迎えた主人公の与太話し、狂気で片付くし、だいたい『スーパー!』ってジェームズ・ガンのわりには割合ハートウォーミングかも!?って奇妙な評価に繋がるようなきがする。だけど、キワい均衡の上に成り立ってた前作がかわいらしくみえるほど、本作には暴力がたちどころに偏在してしまうのであった―。以下、ネタバレあり。

キック・アス/ジャスティス・フォーエバー(2013)
続きを読む
スポンサーサイト



映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |