スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー (2014) ※2D字幕鑑賞
2014 / 04 / 29 ( Tue )
本作がレッドフォード起用などしながら七〇年代ポリティカルスリラーのセンを狙ってるのだとしても、それが多分に功を奏しているのだとしても、所詮はイイトシした連中が奇矯な格好と言動で子どもっぽく暴れまわっている映画である。荒唐無稽でもいい。それでも素直に面白いとおもえた。スターク社長のシリーズは別としても、マーベルガラガラポンの所謂『アベンジャーズ』関連株のなかでは突出している作品になってるし、前述の肌合いから云っても、前作などとはすでに風格が異なる(勿論ジョー・ジョンストンもわるくはなかったが)。まず、ニック・フューリー長官が執拗に襲われるあたりから、もうこの映画はえらいことになるってわかりました。というか、この長さはもうすでにちがう映画だろうと。やはり延々とクレジット後のチョイ出しし続けてきた甲斐があるというか、キャラ立ちしてるひとの生き死にはやはり興奮する。ヒドラ、なる存在がビッグデータで現在過去そして未来の脅威を倒すシステムを構築してて、地球外の脅威とかよりも空恐ろしい連中で、そいつらが今回の敵。この演出でスカジョやサミュLなどではマンガの引き伸ばし。なるほどレッドフォードでよかったきがする。監督はアンソニー&ジョー・ルッソ兄弟。またしても兄弟監督かよ・・・このひとらの作品、観たことない不明を恥じておきたい。

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー(2014)

(フォーラム1)
スポンサーサイト
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
KILLERS/キラーズ (2013)
2014 / 04 / 21 ( Mon )
「あの、すばらしい感覚」とやらは一切理解できないし、したくもない・・・こういう映画ばかり大多数では困るけど、でも皆無むしろ絶滅状態だとしたらもっと困るよな~っておもった。監督したモー・ブラザーズさんたちの作品って一切観たことないけど、なんだか妙に志し高い人らだと一方的に受け取った。なんか重層的だし。なんせ騎乗位FUCK→野外の追いかけっこ→スナッフフィルム撮影会・・・って、わかってる導入なんだもん。東京のスナッフフィルムメーカー・野村(北村一輝。原因が過去にあるようだが現在のシリアルキリングへと動機がどう繋がるのかさっぱり不明)と、ジャカルタのジャーナリスト・バユ(オカ・アンタラ)の、両者両国のエピソードが交互に語られる。最初はまるで挿話が噛み合わないのだが、まったく異なる背景や経緯で人を殺めていくふたり、基地は時間や場所、国境を揚々と超えるといいますか、次第に同期し影響与え合う展開となる。かたや、物質的には満たされているものの衝動的に殺めることでしか魂空洞を埋めることのできない男であり(じぶんで打ってて何やらサッパリ)、こなた、義憤に駆られてもどうにもならない巨悪を前に、法や倫理を踏み外す味を知った孤独な男なのである・・・強烈な異常者なんでしょうけど、十把一からげのサイコパスによる犯罪映画とも若干ちがうきがする。こういう映画、七〇年代とか八〇年代沢山あったんじゃないですかね(よく知りもしないのだが)?バユについてはニューシネマはもとより、『フォーリング・ダウン』や北野武にもあった凶暴性の発露や傾倒というかんじだし、野村は『アメリカン・サイコ』のベイルなんかよりもっと単純に(インタビューなんかで監督らも云ってますが)、要は人を超えた神の存在なんでしょうけど。さらにバユにしても野村にしても、なぜだか都合よく危機脱出できてしまう奇蹟のオーナーで、とくに野村の醸す災厄感や神のみ業感、直接対決する具合なんかは『オンリー・ゴッド』にも似ているきがする。エンドクレジットのG線上のアリア、過剰に引き伸ばされたヴェイパーウェイヴ的アプローチのエディットで心地よかったです。

KILLERS/キラーズ(2013)

(15日、ムービーオンやまがた9)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ニシノユキヒコの恋と冒険 (2014)
2014 / 04 / 20 ( Sun )
エンジンがかかるまで大分時間がかかった。麻生久美子とその子どもと仲よくお茶してるトコからスタート。竹野内豊演じるニシノユキヒコが、なんか突如しんでしまって(昨今の正面衝突描写の水準からいくと、大変ソフトな表現)、麻生に会いに来ましたけどいませんですね?そういやじぶんのフューネラルがあるんで・・・一緒行く?ってかんじでダラダラしている(昨今の小品と云えそうな邦画はみなこんなだし、比べてしまうのもなんだが午前中観た『細雪』のテンポ感と落差かんじてしまう)。霊的表現として星座のかたちで現れるというのはあたらしいきもするが・・・。あと、なんつうか竹野内のトークのノリがナンパ系AVのノリにちかくて、どうも嫌かなって・・・だが、阿川佐和子を皮切りに、ニシノユキヒコに恋に落ちてった元カノらが登場&挿話紹介しはじめるあたりでようやくたのしくなってくる。具体的に云うと、尾野真千子!そして本田翼!前者の前のめりっぷりと赤らんだ表情(もはや顔芸の域)、後者のこっちがウキウキしてくるようなはしゃぎっぷりと、おなじくころころと変える表情のかわいらしさ。どっちも共通しているのは、目の毒とも云えるイチャイチャぶりを見せつける点。これは・・・犯罪だ。とくに本田翼がクソかわ。 そしてそして、成海璃子と木村文乃のツートップ以後、さらに都合のよさとファンタジーの度合いに油が注がれてしまう。神業よろしく女をどんどん篭絡していくといった事前予想より、なーんかのんびりとしたテンポで、これはこれで心地よい。井口奈己、『人のセックスを笑うな』以来の作品なんだなあ・・・もっと撮っているものかとおもった。ラインプロデューサーに佐々木浩久(ちょい顔出しも)、音楽はゲイリー芦屋が担当しています。

ニシノユキヒコの恋と冒険(2014)

(ソラリス6)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
細雪 (1983) ※第二回 新・午前十時の映画祭
2014 / 04 / 20 ( Sun )
「あの人、粘りはったなあ」。・・・そう、この吉永小百合の粘り腰がいまのおれには必要なのかもしれないし、同条件だとすればこれまでも(そしてこれからも)相手ってやつも同様に粘り腰が必要なのだろう・・・とか、極々個人的な書き出しになってしまったが、なんつうか胸が掻き毟られるように見入った。基本的には市川崑による谷崎潤一郎原作小説の映画化、ということで文芸映画という位置に収まるのであろうが、要素盛りだくさん多彩すぎてとても収まりがつかない。本作は、文芸映画でありながら、女性映画であり(吉永小百合映画であり)四姉妹映画であり着物映画であり大阪映画であり婚活映画でありシンセサイザー映画であり階級間の悲哀を描いた会話劇テンション劇でもある。同時に、紛う事なき市川崑映画だし。美麗な京都の満開の桜から、細雪のそぼ降る大阪まで、四季のうつろいと名家蒔岡家の美人四姉妹(岸恵子、佐久間良子、吉永小百合、古手川祐子)のすこしづつ変わり始める日常が描かれる。つか、マスオさんもらって本家と分家にわかれた上の姉ふたりと、とある事件から分家に引き取られて過ごす下の妹ふたりに分かれる構図、シンプルなドラマなのだが、基本線として、吉永が劇中何度も何度も繰り返す縁談(と破談)と、古手川のかえすがえすも不憫なオトコ運のなさ、という両者のうねるメスの劣情がグルーブ生み出して事が進行する。そこに、うつくしくグラフィカルな四季折々の風物と、たいへん結構な三松のお着物と、相当にフューチャリスティックでトランシーな大川新之助と渡辺俊幸による劇伴・シンセが被さる(いきなり着物の販促映像化する。でも、付け方あんがい控えめです)。女優陣がぎゃあぎゃあしながら、アクセントとして石坂浩二と伊丹十三の男性陣が調停役的にうまくハマる。かように演技合戦の面でもえらく見ごたえたっぷり。本当ねえ、いろんな事情やら想いが交錯しながらも、とにかく上手くコトが進まない吉永小百合のあの状況って、オトコ側の立場としても非常に興味深いのと同時に、あんだけイイ女なのに、どんどん縁談相手の条件が下がってく事態にも眩暈が生じる。途中まで、佐久間や石坂ら周囲の思惑と、吉永自身の思惑のズレ(=一致点)を探っていたのだが、本当、女ってのはわからない・・・映画観て教えてもらえるとはおもっちゃいないが、なんでエモやんなんだよ!10倍プロ野球なんだよ!って唇噛んでしまう。吉永、あんがいビッチなのかな?って(古手川は純情ビッチ)。本当、女心はむずかしい・・・。

細雪

(第二回「新・午前十時の映画祭」 ムービーオンやまがた8)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
MUD マッド (2012)
2014 / 04 / 20 ( Sun )
前評判と共にこちらの期待値も高すぎたためなのか、そもそも現代版『スタンド・バイ・ミー』とか云われても困るんだよな~って手前のスタンスのせいなのか、はたまたここんとこ、マコノヒー映画を観すぎてしまったせいなのか(おなじ市内の別のシネコンで、先月フォーラムで上映したばかりの『ダラス・バイヤーズクラブ』かかるとか、どうなんでしょうね)、ちょっと乗りきれなかった。いい映画だとはおもうし、14歳の主人公(タイ・シェリダン)の両親の不仲で、信じていた純粋な愛が朽ち果てる只中にあって、とにかくマコノヒーとリーズ・ウィザースプーンの真実の愛の守り抜こうと、フガジの格好いいTee着てる悪友と一緒に奮戦するさまには心動かされるものがある。同時に、恋を知り愛をもとめて失ってしまう様子も、乱暴だけど迫るといえば迫る。でもねえ・・・けっきょく、川向こうのボートハウスにサム・シェパード住んでてよかったね、的なオチに収斂されてしまうと、やはり乗りきれないのだった。あと、なんでマイケル・シャノンがきのいいロック兄ちゃんみたいな役回りな訳?どうかんがえてもマコ襲撃の側でしょ。

MUD -マッド- (2012)

(フォーラム4)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
白ゆき姫殺人事件 (2014)
2014 / 04 / 14 ( Mon )
予告やポスターになんの関心も得られない映画というのは時として(観ても観なくても)苦痛で、いくら中村義洋とはいえ近作はまあ追ってないので、期待しない上に観ながら、これは外したほうがよかったのでは?などと薄ボンヤリおもってしまった。加えて、映画化するたび追ってるわけでないものの、どうも映画化するには主題が微妙(わりとどうでもいい視点の錯誤を強いる)・・・におもえてならない原作者だったりするわけで(湊かなえ。観たのは、中島哲也『告白』と黒沢清『贖罪』だけだが)、正直、厳しい状態で観てしまった。いやおれ直前までとある女性と過ごしてて・・・精神的にも、楽とは云えない面倒なの観ちゃったなって(以下ネタバレあり)。

続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
セッションズ (2012)
2014 / 04 / 13 ( Sun )
ちょうど誕生日だったりして、もうひとりで誕生日過ごすということに慣れきっていて、どうのこうのはないのだけれど、でもタイミング的にこの映画は心に迫るものがあった。コメディの体裁ながら、人生と性愛について深く洞察されており・・・たとえば、ジョン・ホークス演じる重度身体障害者の主人公(詩人だったり、”鉄の肺"なる機器で生かされているなどスペックそのものが物語主人公として特異)が、仕事とはいえ姦淫しカネで性交していいのか本気で悩んでの告解や(ウィリアム・H・メイシーの神父さんもいい味)、ピュアでいいひとで惚れやすい主人公が古着屋で最初の女におもわず発してしまった言葉、いよいよ迫る初体験を前にした期待と苦悩懊悩、ヘレン・ハント(脱ぎっぷり&お姿も最高)演じるセックスサロゲートとの覚束ないやり取り、そして運命の瞬間―。セッションは6回まで、仕事以外のプライベートにも相互に立ち入らない、プロとして堂々たるスタンスで臨むヘレン・ハントだが、ジョン・ホークスのピュアすぎるアタックと詩人の本領発揮としか云いようのないユーモアトークに逆篭絡の状態に。本作のすばらしいところは、所詮カネありきのセックスだとしても、前後逆だとしても、愛を希求し愛を感じ、愛をはぐくみながらも主人公の恋愛の終焉までサラッと誇張も過剰さもなく描いている点。実話ゆえ全身麻痺や詩人といった要件はオプションと見なして、おれは普遍的な恋愛のサイクルとして観ていた。主人公が恋をした、彼をめぐる三人の女性(+メガネの中国人介護パート)らが、いちいち刺さってくる。ぜんぶこんな女いるよな的な。勿論、みんないい女。だから迫るんだよ。先のウィリアム・H・メイシーや介護パートのアマンダ(アニカ・マークス)をはじめとする脇の連中も優しさぬくもりをもって主人公をサポートし、出しゃばらず接している。こういうスタンス、本人も周辺も、大事なんだなーと、嘘偽りなく、ほっこりしながら帰宅した。

セッションズ(2012)

(9日、フォーラム3)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
THE NEXT GENERATION パトレイバー/第1章 (2014)
2014 / 04 / 13 ( Sun )
これは一種の確認作業だといい聞かせながら、大宮出張のついでに観にいった。結果として、これは真っ当な実写映画化でしょう。というか、こういうことを押井はアニメでやってたんだもの。当時からして基本線は「二足歩行ロボット不要論」・・・じゃあ、ブレてない。だいたい変則が過ぎる上映形式で、所謂OVAっていう商用フォーマットがトウの昔に壊滅。OVAにちかい形式としてシリーズ全12話!を全7章に分割して劇場&CS&さっさとフィジカルリリース!っていう性急な成り立ちで、ここはどうかともおもうが、そもそも押井は既存と異なる新形態新商売の露払い役を昔からやってきてた。・・・じゃあ、ブレてない。

クセ者ぞろいで初代のメンツを完全に踏襲した三代目(押井のしたたかな所は、完全新作の続編ですよ?似てるけど、篠原遊馬だとか泉野明じゃない人たちが活躍する話しですよ?っていう徹底した隔絶を施しつつ、シバシゲオでブリッジしている点)、登場人物らのお披露目と、活動舞台である特車二課&整備班の。怠惰で無為でどこかで号砲を待ち続ける終わらない日常のご紹介に徹した本編「エピソード1 三代目出動せよ」。ちがう連中なんだ・・・っていう当惑も畳み掛けるような台詞の応酬と、アニメと実写(そしてCG)を横断してきた押井の演出手札の大盤振る舞いに酔いしれる。ニヤニヤできるか否かが重要(お布施を払う側として)。第一話目にしてリピートねたかよ~とあきれつつも、いよいよ出動ってなるとやっぱ興奮しますよ(あの爆発はどうかとおもいますが)。あたり前だけど本編先立って、「エピソード0 栄光の特車二課」で(演出は田口清隆だったはず)、ベタベタなアプローチで作品背景と初代特車二課の紹介をした上での本編、ってのが功を奏してるのだなと。つかね、真野恵里菜とか太田莉菜すごくいいです。これは鑑賞機会の問題あるけどキチンとシリーズ追っていきたいなとおもいました。

THE NEXT GENERATION パトレイバー/第1章(2014)

(11日、MOVIXさいたま11番シアター)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
LEGO(R)ムービー (2014) ※2D吹替
2014 / 04 / 08 ( Tue )
3DCGアニメのアルファでオメガで畢竟の作であった(ゆえにその続編や、『21ジャンプストリート』の未見を恥じるばかりだが)、『くもりときどきミートボール』のクリエイター二人組(フィル・ロード&クリストファー・ミラー)が本作の監督だということを観終えてから知ったのだが、なるほどな・・・と頷くほかない(劇伴のマーク・マザーズボウで気付くべきだったが)。レゴブロックの世界を、アニマル・ロジックによる美麗かつファニーなCGアニメで再現。画的な凄さ異様さについてまず先に述べると、構成する遍くすべて、つまりキャラクターや建物や乗り物はおろか、爆炎や波しぶき波濤、砂埃といったエフェクト関係すらをもほぼブロックパーツやプラ部品で表現し(レンズフレアなどは別)、さらにキャラクターについてはその表面にバリや塗装痕や指紋など芸コマなウェザリングを施し、同時に、コマを抜いたようなチャカチャカした動きを絶妙なタイミングでコミカルに着けつつ、突如ロングで引いたかとおもえば、ミニチュアの世界ゆえティルトシフトふうのキャメラで撮影上の世界感演出を見事に施す。かように、非常に画的な満足度の高い作品で、いまやコンサバとしか云いようのなくなったピクサーあたりCGアニメの大向こうを張るハイパーフォトリアルぶり・密度感が全編を覆う。物語りもまあ・・・独特といいますか、端的に云って『マトリックス』みたいなお話だとおもいました私。・・・からっぽで無思考な体制順応しまくってる主人公(工員)が、ひょんな事から救世主になる。その世界を救う道行きは想像以上に険しく、旅の仲間ともども何度も危機に襲われる。作品世界のミニマムさと、並列する他世界との兼ね合いや別レイヤーで同時展開するドラマ、ドラマ。とはいえいたずらに捻らず、あまりにストレートな繋ぎ方で違和感などかんじる間もなく没入してしまう。感心してしまうのは、全体のムードのみならず(途中までは)ウォシャウスキー姉弟の作品同様、人民の蜂起、革命の様を描こうとしている点。そんな、青臭くも瑞々しくまばゆいウォシャウスキー成分に、マイケル・ベイ的メタモルフォーゼと間断なく静まることなく延々と破壊がギュウギュウに織り込まれており、唖然としてしまう。とにかく、要素が半端なく詰まっており、さらに続編を匂わせる憎い結末に拍手喝采。あ、吹替も芸達者ばっかりで大満足です。

LEGO(R)ムービー(2014)

(4月5日、ソラリス3)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。