スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
そこのみにて光輝く (2013)
2014 / 06 / 28 ( Sat )
北海道・・・道産のHでもCでもBでもHでも、んまあなんでもよろしいのですが、そんな風土でロウワーな生活してる貧相な男と女が、好都合な段取り経て出会うべくして出会って、つまづく。いろいろある。でも、あらためて光さす朝方の浜辺で出会う物語り。基本的に、世界よ、これが日本映画だ・・・と云い切りたくなるような文芸作品の典型的映画化作ではある。そういう意味では、とにかく日本的伝統、旧態依然とした邦画のマナーに則った作品と云えまいか。たとえば、あの姉弟の長屋っぽい浜辺の家屋、その屋内で繰り広げられるマンガや冗談で済ませておきたいある家庭の事情。そして若い登場人物が、程度の差などあるものの、それぞれ仄暗い過去を携えて持ち合わせて、いま顔と顔を突き合わせている。溌剌とした明るさの欠片も持ちあわせていない男(綾野剛)、八方塞がれて、春を鬻ぐしか対処しようがなく、絡み捕られて喘ぐ女(池脇千鶴)。やや軽みを与えてくれる女の弟(九州舞台の『共喰い』につづき、水辺の田舎町の倦怠を体現する菅田将暉)も、底の抜けた笑顔と振る舞いと読めてない言動で、全体覆う沈鬱としたトーンに和らぎ与えるが(撮影は近藤龍人)、最終的には彼は彼なりの論理で談判破裂させる。原作も、監督した呉美保というひとも、よくしらないのだけれど、当初この類型然とした貧乏文芸な元ネタ=原作に、そしてソツのないつくりに、白々しさと共に最高にどうでもよい気分に陥ってた。

(だいたい綾野剛の、あの無精ヒゲはなんなんだよ。そして現実から遊離したあの貧乏神みたいなキャラ造形はなんなんだよ。一方、池脇のチーちゃんの醸す相変わらずの高級さとは無縁な儚げ、可愛げ、可憐さ、肉っぽさ、いっそいや増すエロさってなんなんだよ)

本質的に、池脇千鶴って、底なし沼におりたったまま出られぬ白鳥でしょ。ファニーフェイスやぷっくりとしたB地区(半身を起した有り体な描写で自爆した『ジョゼ虎』と比して、横臥してるショットなので無問題)、相対的に可憐さと裏腹の(本人の自覚ぬきに)邪まで害悪を撒くような超存在。だからおれは大好きなんだよ。よくある、「文芸なら、芸術なら、役柄の上で必然で自然であれば、私脱ぎます!」な、マジティピカルのケース。でもさ、おれ疑問呈したいんだけど、文芸でも映画でもこの日本女性の描かれ方ってどうなん。フィクションとはいえ、フックとしてのキャラだとしても、ぜんぜん実情に迫ってないようなきがするのは、こんな作品がいまだに(平成25年)撮影されているということは、おれの意見がマイノリで、云わば都議会の野次みたいなものだからなのでしょうか。さらに、石切り場の発破事故とか、拠るあの幻聴とか、あれどうなん。昨年秋に八戸の採石場見学して、あまりの距離感とロケーションの巨大さから、現場作業だとか作業者の生活とか、想い入る事は困難だった。だけど、本作のように素敵なダイナマイトスキャンダル的な特殊性まで与える必要はないのでは。廃炉作業員だって、遠洋漁業の漁師だって、トマト農家だって、やくざだってあんま関係ないんじゃないの・・・。とはいえ、エロもエロでお楽しみ袋的にきっちり見せきるし、もっとたこやき返すみたいに男闘呼組の内臓プスプス刺してひっくり返してほしいという欲求が沸き起こるが、(これまたティピカルな夏)祭りのシーンにあって、概ね満足じた。

そこのみにて光輝く(2013)

(17日、フォーラム3)
スポンサーサイト
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
トランセンデンス (2014)
2014 / 06 / 28 ( Sat )
ある意味、予告どおりの展開で、出オチというか、そういう展開にならざるを得ない結末。これに触れてもどうしようもないのだが、以下ネタバレってことで。

続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
闇金ウシジマくん Part2 (2014)
2014 / 06 / 27 ( Fri )
たまたま見たTVドラマ版は、チラ見だけでアレだけど、なんかパッとしなかった(前作の劇場版は未見)。けど、これはいいとおもう。マンネリだとかもはや主人公不在だとか現実の後追いだとか、なんだかんだ云っても真鍋昌平の原作コミックおれすきですから。ああいう露悪的な、現実の安さや冷血なかんじは大好物ですから・・・スジは「ヤンキーくん」編とか「ホストくん」編、その他諸々のブレンドで、エグくてたのしい細かな挿話含め、すべて同時に進行する(徐々に相互が同期)。時制飛んだりしないので(一部回想は有)、登場人物も多いし、一瞬まとまるのかな?とおもってしまう。いっこいっこのネタだけでもフック十分なのに、それがチョップされて並べられると、これはこれでアリだし息つく間もない。たとえば、ウシジマくんといえばハマーやらウサギやらなのかもだが一切出ない(前作映画やドラマはしりませんけど)。こういう清い端折り方と同時に、高橋メアリージュンが強烈な印象のこす"犀原茜"なんていうキャラクター織り込んだりうまいなって(数度ある山田孝之と高橋と光石研の居並ぶシーンなんか最高で、とくに焼肉屋で光石に焼酎ぶっかけられて透けシャツ状態になるあたりの興奮たるや半端ない)。いっこいっこ触れたくなるキャラやシーンだらけなのだが、やはり触れねばならないのはホストに入れ込んでしまう門脇麦ちゃんの薄幸ぶり、転落ぶりだろうな~。『愛の渦』もそうだったけど、自ら普通の道を絶ってしまう役柄(なんだか気の毒になる)。本作でもキョドっててジトってて、心配になるくらい足らない感に、瑞々しさと云ってもよいおぼこいエロさ。あんなヘルス嬢いたら指名するだろ。この路線はゼヒ麦ちゃんに今後も追求していってほしいとおもった。

闇金ウシジマくん Part2(2014)

(フォーラム4)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ドン・ジョン (2013)
2014 / 06 / 22 ( Sun )
ジョセフ・ゴードン=レヴィットの初監督作品(そして主演のみならず脚本も)。いやね、俳優さんが監督する一本目って、これくらいの小品でいいよねえ。いや、たいへんおもしろかった。イケメンで狩場でメスをハントすることを生きがいにする半面、ヨナヨナ無修正動画を漁ることもやめられない主人公ドン・ジョン。いくらクソアマ(賛美語)を狩っても、ベッドから抜け出してはPC起動させたんぱく質放出する毎夜。そう、実在するパイオツとRetinaディスプレイポルノを天秤にかけ、ポルノ>>>>>>>>>>>>>>>>>実体っていう、わりとつわものだったりします(両立しているのはバランス感覚あるとおもうんだけどー。あと賢者タイムのないあたり凄い)。だっておれ(ドン)、正常位とかクンニとか嫌いなんだもん。。そこに落とし穴があってさーっていう、自己探求と発見の物語。きづくと独りよがりでP.O.V.的な身勝手なセックル。反省のきっかけなんかどこに落ちているのか分からない。クソアマの薦めてくれた夜間学校でであう妙につっかかるおばさん(ジュリアン・ムーア)かもしれない。つかさ、いくらコントロールされてる側に陥るとはいえ、スカジョとやれて、友人だとか両親だとか紹介できるなら、将来一緒になれるならアリなんじゃね?とかおもうよねおれみたいな浅見なクズだと。でも彼はちがう。結果としてスカジョを失う彼。その過程でモダンかつファイトクラブ的な本音と建前の対立を経て(ポルノと彼女の好きな恋愛映画は一緒じゃん、とか泣かす)、失ったもの、正体になんとなくきづく。さらに後半は、艶笑ロマンポルノの殻を破り、未亡人物だったり、精神的な方面でリ・筆下ろしといいましょうか、『セッションズ』的神展開に。ルーズマイセルフ状態が、ポルノと実体といったくだらない二律背反を穿つ・・・なにいってんのバカじゃね?やっぱりただの艶笑コメディじゃね?・・・でもいい。そしてこの作品もそうだが、正しい道を指し示す映画は、いつだって作中主人公の妹が真実を、主人公にだけ語る。それだけでも佳作というか傑作でした。

ドン・ジョン(2013)

(17日、フォーラム5)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ザ・ホスト 美しき侵略者 (2013)
2014 / 06 / 22 ( Sun )
監督がアンドリュー・ニコル(作品ごとに才気や結果がしぼんでく印象)で、SFで(それも侵略モノ)で、主人公がシアーシャ・ローナン(主役に廻ったときは大抵低アベレージ)だったら・・・観るだろふつう。んまあ、おどろきました。のっけからマドぶち破ってシアーシャたん飛び降り自殺なんだもん(でも、内臓とかは元気。この説明ってついてたのかな?)。以後のスジやオチについて、どこまで触れてよいものかわからないのだが、日本で云うところの、岩明均『寄生獣』、筒井康隆『男たちのかいた絵』なんかの、一つの器で二つの中身がディスカッションする系のネタを、アンドリュー・ニコル一流の・・・云わば、藤子F風味で描く。これがもうねえ、眠くて眠くて。シアーシャたんは前後不覚に陥るほどきゃわわなのは理解しているが、説得力のない一人芝居を見せられてもな~というのが正直なところ。アジトっぽいとこにシアたん拾われたあたりで意識飛んで、意識が戻ったときにはハイウェイ上で鏡ばりのロータスとトラックのチェイス状態だった(ワーゲンとか丸っこいクルマが頻出して妙な統一感があるものの、アンドリュー・ニコルらしい画的な意匠でいうと、この鏡づくしロータスやヘリ、あと開閉式太陽光パネルようなアジト天蓋くらいしかない)。以後はガーリーな中二具合に拍車がかかる。自己犠牲とか叶わぬ恋慕や引き裂かれる関係などなど、一本調子な恋愛ではなく、非常にいびつなロマンスが、人類死滅が懸かる大情況下で仄かな愛が育まれる・・・って、アジトの生き残りの人類でこのポカポカ具合はなんなんだよ。そう、この具合は・・・そうなんです。本作の原作は『トワイライト~初恋~』『ニュームーン/トワイライト・サーガ』『エクリプス/トワイライト・サーガ』・・・そう、「トワイライト」シリーズのステファニー・メイヤーなのであった!!!!!やはりこの芳しきコバルト文庫臭。二重人格のシアたん、もともとのメラニーでの元彼と、いまの主人格になるワンダでの今彼との間で揺れる・・・てゆうか脳内ディスカッションしまくる(けっきょくメラニーもワンダもビッチですわー)。イージーに人格入れ替わる格好でKISS・・・(その瞬間、情況もクソもなく、女子の股を濡らすかのような、ただ甘美な時間が流れる。エロゲでいう差分画)。これはもう、アンドリュー・ニコルは主張を止めて職人に徹したんだな~とおもいました。ただし、オトコが案外雑に扱われてて、シアたんにいれ込んでいるのが実によくわかる素直なつくりで、んまーこれはこれでありですね。

ザ・ホスト 美しき侵略者(2013)

(ムービーオンやまがたシアター9)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
THE NEXT GENERATION パトレイバー/第2章 (2014)
2014 / 06 / 17 ( Tue )
(またしても)これは一種の確認作業だと再びいい聞かせながら、大宮出張のついでに観にいった。疑心暗鬼だったわけではないが、結果としてやはり、このシリーズちゃんとおもしろいし、真っ当な実写映画化だと云い切れつつある(ただ、まだ留保付にしておきたい)。

「エピソード2 98式再起動せよ」
「金的撃ち、いきまーす!!」って云う真野ちゃんにクラクラ。もうノリノリじゃねーか!警視総監の天覧自立&礼砲発射に総員各位が奔走する筋なのだが、あっちこっち迂回しつつ飛び回りつつ進行。これはとんだギャグ回。ちょっと昨今の邦画にないおおらかさ。これだけ自由でユーモアを超えた笑いもないだろって話し。つか、クライマックスはまさかの、ラスト・シューティングネタ。凶悪すぎるオチを配した本編の監督は辻本貴則、脚本は山邑圭。

「エピソード3 鉄拳アキラ」
押井一流の思想的勝敗論、ゲーム論、路地裏立ち喰いムードを漂わす、いわば論理展開主義主張を表すためだけに存在する論文映画。勝つことにこだわり続けるその代弁者に竹中直人。楽しければイイや・・・で思想も哲学もなにもないただの若者たる、そして竹中に翻弄される真野ちゃん。つか、真野ちゃんのチャイナ姿最高かわいいです。ゲーム、立ち喰い、強いオヤジ・・・それ以外、いったい、なにがあるというのだろう(前回の予告では本編のほうがおもしろそうだったのに)。ドタバタより抒情的で静的なタッチが際立つ監督湯浅弘章の手によるもの。

THE NEXT GENERATION パトレイバー/第2章(2014)

(13日、MOVIXさいたま8番シアター)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
グランド・ブダペスト・ホテル (2013)
2014 / 06 / 17 ( Tue )
こんなホテルに泊まってみたーい!・・・いつの世も一定数存在し我々を悩ませるおしゃれな女子の、言葉にしづらいが画で見せれば一発な好みを一身に受け止めるかのような見事な導入。謎めいてて、おしゃれで、なんかしらんがクセのつよい登場人物が大量に、華美すぎるとかの批判をものともせず、圧巻としか云いようのないヴォリュームと一貫した美意識で構築され意匠凝らした美術・・・小道具、セット、背景・・・それだけでもう美術品のよう(と、おもうひともいるでしょう)。さらには、いつも以上に趣味性を増したオモシロ奇矯でテンポアップしテンション高めのまま突っ走るスジ。基本額縁のような一枚画で、相変わらずのスクリーンサイズ変化、横移動、トラックアップ、相変わらずの尺(『ファンタスティック Mr.FOX』以降顕著になった、穴から出たり入ったりする登場人物や、奇妙な移動感覚・・・ケーブルカーやバイク、スキーなどなど、これらすばらしいミニチュアワークとストップモーションアニメと相まって凶悪アクションと化し、描写はさらに進化している)。ウェス・アンダーソンが単なる再生産野郎でないことは重々承知の上だが、話しが単純にフックまみれですげえおもしれえ。絶好調。リピートネタが多用されているきがするものの、これもう、前作もそうだし、『ファンタスティック Mr.FOX』以降は向かうところ敵ナシなのでは。あとまあ、大量発生するキャストにおいて、シアーシャたん(とティルダ・スウィントン。このひといよいよなにがしたいんだよ)がヒロインなんすが、この世界の住人たる浮世離れした透明な可憐さと、放置されてても大丈夫な健気さ頑丈さを兼ね備えているきがする。

グランド・ブダペスト・ホテル(2013)

(14日、フォーラム4)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アデル、ブルーは熱い色 (2013)
2014 / 06 / 11 ( Wed )
カンヌでなんか賞獲ったらしい、審査委員長やってたスピルバもやたら褒めてたし(予告で)観てみるか・・・程度の認識で席につく。主人公アデルちゃんはJKで、文学好きだがじぶんが何者でどんな未来が拓けてるのかしらず、自分自身の魅力や可能性もしらないうつくしい少女。そんな彼女、やや「遅刻遅刻~」系の女子で、さらにはメシやお菓子クチャクチャ汚らしく喰うクチャラー女子でもある(また、若いのにデモでサウンドシステムに合せてコーラーする程度には社会参加もしてる)。アデルはちょっとイイカナ?っておもったひとつ上の男子とその気も無く付き合い始めるが、待ちあわせの途上青い髪の年上のボーイッシュな女と運命的に出会う。彼女の名はエマ、美大生―。ふたりが再会するのは開巻後40分程度経過してからになる。以後、互いに惹かれあうふたりの姿を見守りづつけるほかないのだが、ビアンの巣みたいなバーでの再会までの間、アデルのなんつうの姿態?動作?それこそ動物のような彼女の生態・・・ボロネーゼとかクチャクチャ喰らう、突如泣く、口ポカーンする、煙草すったり、なんかあるたび髪をほどいてまた結ったり・・・そんなのをジロジロ見てるだけで案外たのしい。さらに百合まくりの中盤の、度し難いエロさ・・・ちょっと脱いだくらいでその女優に高評価を与えていたおれの見識を徹底的に破壊するエロさ・・・交合シーンは貝合わせなど披露し本当に驚くほどエロい。お互いの実家招きあって晩メシ喰ってそのあとは自部屋で遠慮なくファック。なんなの?エロいからよしとするけど。そうこうして、芸術家であるエマ(官能小説の挿絵みたいな作風)と、ただ保母さんになりたいアデルとの間にお約束の亀裂が生じる。けっきょく、芸術家とそうでないふつうのひとの話し、なのかなーと(なんつうか、構成や登場人物の性的傾向など『わたしはロランス』と共通する感も)。本人は幼稚園の保母さんで十分満足な人生なのに、周囲が創作しろ、創作しろ・・・と焚きつけてうるさい。そういう集団の中にいると、なにもしないのがダメみたいな風潮になってさ、ウザいよね。そう、なんだか長尺過ぎるな~とおもいはじめて(なんと179分!!!!!!)、サ店で我を忘れて発情して手マンさせようとするあたりで快哉叫ぶが、ふたりは元鞘にはならない。この結末は徹底的に正しい。エマと出会ったときに鳴っていた、あのスチールパンがもう一度鳴ってバックショットで終わる。なんせ、ちがうルールの世界の住人がたまたままじりあっただけなのだから・・・なんか淋しい話しですね。クレジット見たらギャスパー・ノエ『エンター・ザ・ボイド』のフッテージがどこか使用されていたようなんだが・・・きづかなかった。

アデル、ブルーは熱い色(2013)

(フォーラム3)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
フルートベール駅で (2013)
2014 / 06 / 11 ( Wed )
サンダンス映画祭でなんか賞獲ったらしい、尺も短いし観てみるか・・・程度の認識で席につく。実話を元にした映画、なんかしらんが2009年の歳末、オフ台詞で来年の事なんか話し合ってる男女、そして実際のフルートベール駅ホームの映像で開巻。映像は銃撃音とともにF.O.する。主人公オスカーは、なんつうか井上三太が描きそうなかんじの若い黒人で、朝っぱら恋人と口げんかして、かわいい娘のタチアナを幼稚園に送り、彼女も職場に送り、ついでに復職画策しながら南部風魚のフライを親切に見ず知らずのひとにおしえたり、(妹が無心するので)さらにカネに詰まってクサ売ろうとするが波打ち際ですこしまえの自分を省みちゃって、海にハッパ捨ててしまったり。そう、彼には愛犬家の側面も垣間見れる。そうこうして年の瀬を家族と過ごし、新年をシカゴの花火を彼女と仲間らと見てすごそうとするオスカー、彼のどこにでもいるふう、ひとのよさやマジメさが全面に押しだされながら時が経過し新年へ・・・。とまあ、オチを最初に示して、筋が読めているハナシをどう観てゆくのかというのが課題になろうが、ようするにオスカーちょっと寄り道したけど改心しようとしている姿見るにつけ、兎に角ふつうのいいひとで、そんな彼を何の罪も無いのに撃ち殺した警察マジファック、そんなきぶんでいっぱいになります。警官に撃たれてしぬとか最悪でしょう。それ以上、この映画が伝えたいことなんかあるのか?あ、警官のひとりがケヴィン・デュランドで、そら新年だろうがコロされるわ~とおもいました。

フルートベール駅で(2013)

(フォーラム3)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。