スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
さよなら歌舞伎町 (2014)
2015 / 04 / 12 ( Sun )
歌舞伎町のラブホを舞台にして、諸々抱えてる男女(染谷将太×前田敦子、南果歩×松重豊、忍成修吾×我妻三輪子、イ・ウンウ×ロイ、 河井青葉×宮崎吐夢)がハメたりハメられたり、怒ったり泣いたり笑ったりして一夜がすぎてく群像劇。脚本は荒井晴彦と中野太、監督は量産体制にずーっといる廣木隆一。脱がなきゃはじまらないスジで、想像以上に女優陣が皆正々堂々と脱いでて、まずそこが成立してなんともならないようなーと、観てた。ちゃんと脱いでてエラい、とか比較としてそれどうなのっておもうけど・・・。本来なら主軸は染谷将太×前田敦子のカップルの筈なんだが、着衣の有無なくベッドシーンはおろかキスシーンすらない始末。だが、それに代わるのがイ・ウンウ演じるコリアンデリヘル嬢と、ロイ演じる新大久保でニヤけたツーショット撮ったり日本人のBBAと寝て小遣い稼ぎするコック見習。とくにイ・ウンウは、只狂おしく異常な、喋らない二役を演じてただけの『メビウス』とは異なり、表情豊かで快活によく喋り、生命力に溢れる若い女を瑞々しく十分エロティックに演じる(・・・見た目なんだか関根麻里みたいだなー。買う村上淳がちょっと裏山)。本作は群像劇故、さまざまな人間模様が時間経過と共に織りなされる。そのなかでの極一部とはいえ、でも日本が誇るロマンポルノ的担いをこの韓国人俳優のふたりに任せてしまうってのは、不甲斐なさすぎるのではないか。なぜ、この位置に日本人俳優の男女が配されないのか・・・あっちゃんはやはり脱げないのか・・・。はっきりいって、あっちゃんは添え物程度の十把一からげ扱いの一方で、イ・ウンウはキムチハンバーグと喰って泣き、川瀬陽太にシャブマンさせられそうになりながらも聖母マリアのように振舞い、ロイに身体を洗われて泣き、抱かれる。これが女優ってもんでしょ!!ぶっちゃけ『メビウス』でどうでもいい偽乳ちゃんだなーとおもってスルーしていた事を恥じ入るばかり。主軸二人に焦点戻すと、前田の、取り扱いの面でのアイドル的聖性は、まあまあどうでもよく、本作で彼女の役柄はデビュー間近の3ピースバンドの一員で、まあ染谷に140万貸す程度には懐でかいナオン。おなじく染谷はグランパシフィックLeDaibaではなく、歌舞伎町のラブホテルアトラスの店長(体のいい雑用)に納まる身の上。染谷のかわいそうな所は、妹ちゃんがAV嬢で(樋井明日香。見事に脱いでおりエラい)、あっちゃん演じる彼女がソロデビューをニンジンに枕営業してるっていう知りたくなかった現実を一日の中で知るだけではなく、結果として東京を、歌舞伎町をその日一日で追われてしまう、タイトルの意味性の一切を背負わされてしまう点にある。つか、ソロデビューをニンジンに枕って、昨今の芸能界とかグラビア界とか邦画界とか棋界とかAKS界隈ではザラで、日常茶飯で、空気のようなものなんでしょうけど、これが80年代OVAなら、『メガゾーン23』なら、染谷は大森南朋を軍用バイク・ガーランドで轢き殺してるんだろうなーと。そういう意味では80年代のほうが精神衛生的には真っ当だったのではないか、などとかんじてしまう。そんななか、河井青葉×宮崎吐夢のプリンポリスカップルは本作でも図抜けて異常。ねっとり濃密なFUCKと(河合青葉の噎せ返るようなクッソエロさ)、果てたのちの名推理具合はどうかんがえても異常。ここだけは何度でも見返したい。

さよなら歌舞伎町(2014)

(ムービーオンやまがたシアター9)
スポンサーサイト
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
薄氷の殺人 (2014)
2015 / 04 / 11 ( Sat )
音と云えば雪の上で踏みしめられる足音と吐く白い息(中盤以降劇伴が鳴る)。あきらかに怪しい包まれ方した物体、トランプとなし崩しFUCK(伴う入線間近のホームでの見苦しい"終った"男女)、床屋での唐突かつ驚きの撃ちあい(ちょっと凄い)、アパート一階に唐突な馬、消火訓練のショット、切り身のようなひとの断片、バイク、野外スケート場、スケート靴、ダンスホール。そして、おそろしくはかなげで、さびしげで、うつくしい女(グイ・ルンメイ)。ダメ押しの花火・・・。これらはすべてショックシーン、ショッカーだ(あざといではなく、つくりがおかしい)。英語題は、"BLACK COAL, THIN ICE"。それを解体してマーダーくっ付けたのが邦題。なんだけど、これ"白昼の花火"てタイトルでも、最終結末まで云い含めればアリなのかなーと(サラリとしたネタバレ)。

続きを読む
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ヘウォンの恋愛日記 (2013)
2015 / 04 / 05 ( Sun )
ホン・サンスの作品はこれで三本目になるわけだが、本作が一番へヴィだった・・・というか、彼女に「たぶん(変則で地味目な)恋愛コメディだから」と云いくるめて一緒に観にいったのだが、連れてきたおれが観ながらアタマ抱える始末(んまあ観終えて、おもしろいおもしろいとは云ってましたが)。おれはあの、焼肉屋で学生らとヘウォン、イ監督が居並んだテーブルショットで目が冴えた。ああいうシーンは大好物。とはいえ、三本観たからって、これでホン・サンスの主題なり手法なりが語れるわけではないけれど、でもこの作品も、えらく風変わり(と、恋愛映画を観慣れないひとの意見)。大学生ヘウォン(チョン・ウンチェ。かわいい)は英語がしゃべれて聡明で、いつも正直で嘘がつけず、なにより可愛らしい。そのうえ居睡が大すきで、そのはざまに恋愛を積み重ねる。彼女の周りの男性陣は、バイトで大学教授やってるイ監督(イ・ソンギュン。先日観た『ソニはご機嫌ななめ』では一応学生(院生)だったのに・・・)を筆頭に皆ヘウォンが大すき。彼女はある意味魔性の女的役回りなのだが、周囲の男が勝手に翻弄し、ヘウォンもそんなに頭がよくなく、依存体質的なトコがあるもんで、わりかしどうでもいい男にズルズルベッタリしてしまう。女も男も、なんにせよだらしがなく、でも本当にどうしようもないのは男のほうだよなあ(イ監督も、キム・ウィソン演じるアメリカ在住の教授も、どちらもきもちわるい・・・とは、一緒に鑑賞した彼女の弁)。というか、若い女に溺れる男って、ホン・サンス自身のメタファーなんすかねー。だいたいにして、どこからどこまでが真実で、どこまでがうたたねで、どこまでがヘウォンの望む願望で叶わない希望なのか。どれもが、執拗なるBGM(Beethoven Symphony No.7 2.)の、手持ちテレコから鳴るリピートでイメージごと(あの、図書室のうたたねシーンと共に)雲散していく。家族持ちのインテリ映画監督と無垢でずるいんだか分からないが、とにかく若く可愛らしいJDとのプリン関係。シャミスルゴクゴクや煙草プカプカ、強迫的な欧米文化圏へのあこがれ(英語を介す主人公や登場人物)などなど、ネタは何度でも繰り返す。ヘウォンが最後のシーンで呟いた"素敵なおじさん"、おれはあの緑色の服装で気前よくマッコリ二杯も呑ませてくれたあのおじさんだとおもってます。

ヘウォンの恋愛日記(2013)

(ムービーオンやまがたシアター10)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ソニはご機嫌ななめ (2013)
2015 / 04 / 05 ( Sun )
ソニっていう、かわいらしく、特徴は云々ある(勇敢だとか、内に秘めた・・・とか)女子大生(チョン・ユミ。北川景子似なきが)がいまして、彼女は単にアメリカに留学して勉強したいだけなのに、周囲のざっくり三世代にわかれる男たち(元カレで院生で映画を借金して一本撮ったイ・ソンギュン、女の武器チラつかせられて推薦状を二度書く大学教授キム・サンジュン、スランプの映画監督チョン・ジェヨン)が勝手に翻弄される。まず、ソニのまっすく感がすばらしい。嘘ついた先輩にもむかつくし、適当云って推薦状を三〇分で書いてしまう指導教官たる大学教授もクズだ。さらには、ただビールが呑みたいだけなのに、チキンまで頼めというフランチャイズ風情のバイト女もむかつく。かように、ソニのいらつきは一本筋が通っている。そのタイミングで元カレのイ・ソンギュンとひさびさに再会し、なぜか二人して痛飲してしまう。・・・。

こっから、何本のチャミスルと(あっちの焼酎は、なんかわるいクスリでも混入されているのか)、何本のタバコが、消えて、灰になったろう。テーブルが、何度映ったろう。こっから、本作はおかしくなっていく。立場を替え、台詞や言い回し(目上目下の関係があるので)を替え、そして重要なことは「今度話す」。くりかえし、リピート、変奏。おなじ目に、誰もが、何度でも。お互いの台詞が入れ替わり、前言が撤回される。時間と共に。「行くところがあるの」。窓の外から、内から、ひとの名を呼んで、呼びかけ、呼びつける。アリラン、太陽、ゴンドリー・・・そして刻みつけられるズームアップ。ある意味滑稽な"しりとり"か精緻だが気の毒なパズルかのよう。基本、トイレタイムで(本作の前に観た奔放なタイムラインが魅力だった『自由が丘で』同様)、修羅場の句読点が打たれる。つか、スタート/ストップがなされる(否、回避ポイントか)。ホン・サンス、やばいなあ・・・。英語題"OUR SUNHI"ってピッタリな題ですね。

ソニはご機嫌ななめ(2013)

(3月28日、ムービーオンやまがたシアター10)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。