スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
さよなら歌舞伎町 (2014)
2015 / 04 / 12 ( Sun )
歌舞伎町のラブホを舞台にして、諸々抱えてる男女(染谷将太×前田敦子、南果歩×松重豊、忍成修吾×我妻三輪子、イ・ウンウ×ロイ、 河井青葉×宮崎吐夢)がハメたりハメられたり、怒ったり泣いたり笑ったりして一夜がすぎてく群像劇。脚本は荒井晴彦と中野太、監督は量産体制にずーっといる廣木隆一。脱がなきゃはじまらないスジで、想像以上に女優陣が皆正々堂々と脱いでて、まずそこが成立してなんともならないようなーと、観てた。ちゃんと脱いでてエラい、とか比較としてそれどうなのっておもうけど・・・。本来なら主軸は染谷将太×前田敦子のカップルの筈なんだが、着衣の有無なくベッドシーンはおろかキスシーンすらない始末。だが、それに代わるのがイ・ウンウ演じるコリアンデリヘル嬢と、ロイ演じる新大久保でニヤけたツーショット撮ったり日本人のBBAと寝て小遣い稼ぎするコック見習。とくにイ・ウンウは、只狂おしく異常な、喋らない二役を演じてただけの『メビウス』とは異なり、表情豊かで快活によく喋り、生命力に溢れる若い女を瑞々しく十分エロティックに演じる(・・・見た目なんだか関根麻里みたいだなー。買う村上淳がちょっと裏山)。本作は群像劇故、さまざまな人間模様が時間経過と共に織りなされる。そのなかでの極一部とはいえ、でも日本が誇るロマンポルノ的担いをこの韓国人俳優のふたりに任せてしまうってのは、不甲斐なさすぎるのではないか。なぜ、この位置に日本人俳優の男女が配されないのか・・・あっちゃんはやはり脱げないのか・・・。はっきりいって、あっちゃんは添え物程度の十把一からげ扱いの一方で、イ・ウンウはキムチハンバーグと喰って泣き、川瀬陽太にシャブマンさせられそうになりながらも聖母マリアのように振舞い、ロイに身体を洗われて泣き、抱かれる。これが女優ってもんでしょ!!ぶっちゃけ『メビウス』でどうでもいい偽乳ちゃんだなーとおもってスルーしていた事を恥じ入るばかり。主軸二人に焦点戻すと、前田の、取り扱いの面でのアイドル的聖性は、まあまあどうでもよく、本作で彼女の役柄はデビュー間近の3ピースバンドの一員で、まあ染谷に140万貸す程度には懐でかいナオン。おなじく染谷はグランパシフィックLeDaibaではなく、歌舞伎町のラブホテルアトラスの店長(体のいい雑用)に納まる身の上。染谷のかわいそうな所は、妹ちゃんがAV嬢で(樋井明日香。見事に脱いでおりエラい)、あっちゃん演じる彼女がソロデビューをニンジンに枕営業してるっていう知りたくなかった現実を一日の中で知るだけではなく、結果として東京を、歌舞伎町をその日一日で追われてしまう、タイトルの意味性の一切を背負わされてしまう点にある。つか、ソロデビューをニンジンに枕って、昨今の芸能界とかグラビア界とか邦画界とか棋界とかAKS界隈ではザラで、日常茶飯で、空気のようなものなんでしょうけど、これが80年代OVAなら、『メガゾーン23』なら、染谷は大森南朋を軍用バイク・ガーランドで轢き殺してるんだろうなーと。そういう意味では80年代のほうが精神衛生的には真っ当だったのではないか、などとかんじてしまう。そんななか、河井青葉×宮崎吐夢のプリンポリスカップルは本作でも図抜けて異常。ねっとり濃密なFUCKと(河合青葉の噎せ返るようなクッソエロさ)、果てたのちの名推理具合はどうかんがえても異常。ここだけは何度でも見返したい。

さよなら歌舞伎町(2014)

(ムービーオンやまがたシアター9)
スポンサーサイト
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。