FC2ブログ
間宮兄弟 (2006)
2007 / 12 / 09 ( Sun )
リメイク版『椿三十郎』公開の絡みで再上映してたので観にいった。ぶっちゃけ、今回のリメイク騒ぎがなかったら森田なんかしばらく観てなかったことになる。ちゃんと観たのは『黒い家(1999)』以来だったし(『阿修羅のごとく(2003)』はきになったんだが行かなんだ)。いい機会だったがこれが…。



こんなスローモーション許されるのかよ!?(と小一時間…)
なんつうか、これこそ森田芳光の真骨頂だよなーというかんじはした。だいたい他愛もないゆるい話なんだ。そして、相当に都合の良い話。いい歳した兄弟が、兄弟二人でしか遊ばない…それなりの職業についていながら自立心もロクに持たず、恋人もおらず、ただ兄弟で毎日毎日つるんで過ごすのみ。べつに、どうでもいいんだよ。そんなのは自由だし、おれもそんなもんだから。でも都合良すぎるだろう。部屋に常盤貴子沢尻エリカ様や北川景子が来るとか。どんだけハイスペックなラブコメなんだよ。あり得るかっつうの。徹子の部屋とかさんまのまんまクラスだろ。そして、ラブ関係に至らないあたり、この作品の普通に常識的で詰まらないところでもある…。

とまあ、そんな訝しいきもちで観てたわけですよ。このへんで許せる/許せないがでてくるきがするけど。あとねえ、兄弟の会話?反省会?全然面白くないネトラジ聴かされてるみたいで本当にイライラした。このへんが許せる/許せないの境目でしょうねぇ。一方、兄弟同士が絡まないシーンは素晴らしい点が多々あった。特に高嶋政宏岩崎ひろみとの遣り取りに挟まれる佐々木蔵之介高嶋政宏と戸田菜穂との遣り取りに挟まれる佐々木蔵之介とか。ちょっと異常な空気、森田芳光の世界が拡がっててよかった。どっか昔の手癖を確かめながら撮ってるようなかんじがする。

でもしつこいようだが、兄弟だけになるとイライラしてしまうのはなんでなんだろう。あと女の趣味つうかキャスティング上の趣味が一貫していて、そのへんは好感持てた。あとね、エリカ様やっぱいいわ。なんかどっか昭和なんだよな(北川景子と並ぶと顕著)。

間宮兄弟

YouTube - Mamiya Kyoudai 2nd Trailer

(8日、フォーラム2にて)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<マイティ・ハート/愛と絆 (2007) | ホーム | ホームドラマって・・・とはいえ期待せざるを得ないのだが>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/1110-ed94cdb8
| ホーム |