FC2ブログ
ナンバー23 (2007)
2008 / 01 / 29 ( Tue )
もうね、23でも666でもいいよもう!勝手にしろ!好きにしろ!実家に帰らせていただきます!な具合の、まさに『数に溺れて』な一本。『リング』の山荘のVHSテープが古本屋の自費出版本になって、読んだ人が勝手にフィーヴァーするような話し。かな?あれ?多少ぼかしたけど、これまだネタバレじゃないよね?よね?

ナンバー23

ひさびさ、何処に出しても恥ずかしくない真性のキティが主人公。個人的には、こういう話を企画させてしまう時点でアウト。過去を肯定するな。いったい、おれはこんな話しが観たかったのか?全然たのしめねーよ…。
間断なくその予兆はあったにせよ、ネタバレした瞬間、なんというか、こんなくだらない話しにつき合わされたのかー!と、とんでもないオンナに有り金はたいてなお足りず、街道沿いの消費者金融ATMで借りてもなお足りず、それでも一握の希望がそこにあるのでは?愛でなくともそれに似た何かがあればと(なんせジョエル・シューマカーだよ?安心と信頼のブランドだろ?)。まあ、結果なんですが、なかったけど?なんにも。

妄執乙つーかこれもまた同人誌ネタですよねー。あれほど自費出版にはきをつけろと。やるならコピー誌か、融通の利く後輩ちゃんの勤め先にオフセ頼めとあれほど忠告…。そんなかんじでいろんな意味でジムちゃんは悠久のむこう。なんつうか、『フレイルティー/妄執 』はどんなだっけ?んま、いまはそういう比較はいいや。本一冊読みきった集中力は褒めてあげます。エライエライ。

たんなる勘違いネタのほうがまだ救われたというか、いつ宇宙人が出てくるんだろう?みたいな態度ではダメなんでしょうか。劇中ジム・キャリーの自意識っつうかセルフイメージにもホトホトあきれた。今回も90分台で収めてきたのは見事だが、そこまで。とにかく信頼のブランドが傷ついていくのを眺めるので精一杯だったんだ。

ナンバー23

YouTube - The Number 23 Trailer

(28日、ソラリス6にて)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ゾンビーノ (2006) | ホーム | Struggle For FLIGHT pt.2>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/1202-439eef40
| ホーム |