FC2ブログ
ヴィタール
2006 / 04 / 01 ( Sat )
非常にアンチモラルで死を美化しているかのよう(同時に生を…ね)。
登場人物は一部を除いて、どいつもこいつもあいまいで、劇中の言葉を借りればもうひとつの世界から来てるロボットみたいな描かれ方、生活感どころか実在すら覚束無い有様。
もう、塚本晋也のことだから、わかってる。

それらは分かりやすい嫌悪として一般から即座に向けられる筈だ。
だが、そういうもんじゃない訳だ。この人の作品は。
すでに客を選んで営業してる、一見お断りの、いつもの塚本晋也の店だ。かれこれおれが子供のころ
(劇場で塚本作品をはじめて観たのは『ヒルコ/妖怪ハンター』から)からずーっと一貫してる。

その美意識や生き死にの取り扱い方には共鳴というか、感じ入るところがあるので本作はおれ、かなり好きです。ま、簡単に云うと変態なんですが。

近年、その精度というか突き詰め方、昇華の様がなんというか、ちょっとおかしい。いや、おかしいというのはこの場合ほめてます。…洗練でもないんだが、完成のなされ方がマトモじゃない。相当いびつなのに、その畸形性が美しいカタルシスまで一直線なんだよね(あと、もっと云っちゃうと、題材の採りかたね。おかしいよこんな映画普通…『ヒポクラテスたち』みたいなのを撮るきは死んでもないんでしょうね)。

北野武と同じくオリジナルが多いひとだけど、結局なんやかんや過去作の模倣になるのはしょうがない。
武は抗ってもがいているように感じるが、このひとは…1ミリもブレずに、年々スルドサと湿り気が上昇カーブ描いており、おそろしい。

しかし…塚本というひとは、女性の好みが一貫しててすばらしいね。
ヒロインが二人出てきますが…異常なほど、ハッとするほどエロい。

(DVD鑑賞)
wpol_ent13.jpg

映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<KKRN. | ホーム | bloodthirsy butcheres 『JACK NICOLSON』PV>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/121-ff15c03a
| ホーム |