FC2ブログ
アメリカン・サイコ (2000)
2008 / 03 / 22 ( Sat )
なんつうか、ひさびさに省みちゃったというか、いろいろと考えるところがあったので、おもわず衝動的に缶ビールと焼酎を買い込んでしこたま酔っぱらった。痛飲した。二日酔い。たまにはいいだろう。つーかしるか。そんな折に観たのでした。ウォール街のヤング・アメリカン・エグゼクティヴ(クリスチャン・ベイル)が、グリッターな80's(MTV)サウンドに乗って、ブロンド娼婦や浮浪者やじぶんと同じヤンエグちゃんを、心のゆくまま、感性のおもむくまま、時の過ぎゆくままに、ぶっ殺してくだけの、たいへん志の高い、素晴らしい映画。

アメリカン・サイコ

けっして出来のいい映画ではないとおもう…つうか、普通に眉ひそめるような反モラルな内容なわけだが。高ストレス下にある人間が、現実生活で己が初期衝動を満たそうとするといろいろ不都合が生ずるでしょ。かといって、大人ぶったり常識人ぶったり、それを続けるのが困難な、呼吸が困難な瞬間が少なからずある場合の、その抑圧の吐き出し口はなんなわけ?

二階堂と明治アーモンドチョコレートという、ある意味文化が極まり過ぎた組合せ。そこにナニを突っ込むか、となったときにやはり長尺の文芸映画なんて観られない(所有してませんが)。きゃわいいおにゃのこの出てくるような映画も観られない(むしろ状況が悪化する。途端にたそがれてしまう)。いまは、可能な限り、(映画のなかで)ひとが沢山しんでくれなくては困るんだ!

何度も観てるのでアレだが、やはり序盤の名刺合戦は、SE含め異常。ビジネスカードにしか真剣になれないバカ。幾つになってもカードダス、遊戯王カード…。あと、コップとの銃撃戦やベイトマン自宅での2度目の3Pの後の、品性の急速落下というか、サーっと醒めるさまといいますか、俗にもほどがある都合のいい世界が噴出す様は何度観ても拍手喝采だとおもいます。クロエ・セヴィニー(どん臭いオンナを好演)はしななくて本当によかったです。きっとアホ面であろう、リース・ウィザースプーンの死に顔はむしろ観たかったのだが…。

(DVD鑑賞)
映画 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<風の谷のナウシカ (1984) | ホーム | ONCE ダブリンの街角で (2006)>>
コメント
--お気にです!--

はじめまして!

この映画大好きなので、書いている人がいて嬉しいです!エントリーを見たら、かぶっている映画いっぱいあるみたいなので、たくさんコメ&TBしちゃいますけど、いいですか?
by: チュチュ姫 * 2008/05/22 05:11 * URL [ 編集] | page top↑
--アメリカン・サイコは最高です!--

コメントの付けづらい薄気味わるいブログですが宜しくお願いします!
by: ナーニカ * 2008/05/22 07:53 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/1269-5147bc89
| ホーム |