FC2ブログ
うた魂(たま)♪ (2008)
2008 / 04 / 13 ( Sun )
合唱とか、音楽を題材にした映画が最近やたら多くないすか?音楽って素晴らしい!音楽のちからって偉大!…なんて1㍉もおもってないので、こういう、とりあえず音楽至上主義?音楽がすごいから自動的に周囲の物事も良化すんのよ!みたいな姿勢の作品は、個人的には無理です。どうもそれが予告から匂ってたので警戒してたんだが、当然のことながら最終的には夏帆ちゃんに惹かれて観にいった。

うた魂♪

自意識過剰で自己陶酔的で自惚れやさんのかすみ(夏帆ちゃん)は、七浜高校合唱部のソプラノパートリーダー。じぶんのことがダイダイ大好きで、浜辺でアイポッドシャッフル付けてうっとり独唱⇒歌ったトラックを通学中ヘビロテで再生するほど。そんな彼女、生徒会長(石黒英雄)に「写真のモデルになってほしい」と云われてこれまたうっとり。合唱中の彼女の写真は…なんと!みたいに物語はあくまでコメディちっくに展開。プライドの塊のような彼女は合唱部を辞めると云い出したり、他校の合唱に打ちのめされ、合唱はソロ活動じゃないんだときづかされて再起をかけてみたり、嫌われてるクラスメイト(岩田さゆり)と仲良くなったりと、いろいろ王道な筋ではある。産休代理教師役の薬師丸ひろ子の登場シーンには軽い眩暈も。

序盤はかすみのモノローグが多い。多弁と云ってもいいほど。そのほとんどがじぶんはいかにかわいくて歌が上手でモテるか、といった内容で、なんかさ、庵野秀明のTVアニメ版『カレカノ』の宮沢みたいだった。好きな男子を呼び捨てにするあたりとか…。だが夏帆ちゃんに、そういうオレオレ感があったか?と問われればそのへんはちょっと弱いとしか云いようがない。スクリーンの向こうから、時空を捻じ曲げて強引にコッチを振り向かせるような、そういう説得力とオーラが不足してたきがする。うまく説明できないのだが。あんなに多かったモノローグは、かすみの「気づき」によって中盤以降激減する。それがね、ちがうとおもうんだ。変化したきもちをかすみの言葉でもっと表現してほしかった。合唱曲そのものを切らずにフルレングスで流しきるのも、勇気あるなあとおもって観てました。

なんかさー夏帆ちゃん、顔が出来上がりつつあるよね。もちろんかわいいんだけど、『天然コケッコー』にあったような未成熟さというか途上のかんじはやや薄れている。なんか、立ち姿が個人的にはかわいくてすきです。劇中のほとんどのシーンでクチがぽかーんって開いてる夏帆ちゃんを見るにつけ、これから彼女どうなってくんだろう…?と、観ているコッチもクチぽかーんって開けつつおもった。

うた魂♪

YouTube - うた魂(うたたま) 予告編

(フォーラム1にて)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<たかがただのげつようび | ホーム | 全然大丈夫 (2007)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/1335-d1776aaa
| ホーム |