FC2ブログ
スカイ・クロラ The Sky Crawlers (2008)
2008 / 08 / 05 ( Tue )
語るのがかなり困難な映画だなとおもった。押井守の新作長編。想像よりも遥かにヘヴィな印象。

スカイ・クロラ The Sky Crawlers
原作はまったく知らないが、散々ナビゲートDVDという名のプロモーション映像を浴びるように観てしまっていたので、物語そのものに理解のし難さはなかった。むしろそんなDVD観ないで作品を鑑賞できればまたちがったのかもしれないが。とにかく、話しそのものはシンプル。これまでの押井作品にあったような敷居の高さ(これはある面魅力のひとつだった)は極力排除され、ペダンチックというよりは、名作劇場チックな堂々たる画面を堅持している。

だが、たとえ表層的な趣や印象が変わっても、これまでの押井作品のテーマが、例によって変奏しながらこれでもかと綴られる。特別だが自己を認識できない私、そんな私の存在の不安、お定まりの政治的決着(現場の声が届かない)、ゲームマスターの存在と、微妙なゲームバランス、そしてプレーヤーには決して改変できない厳然たるルール…。

ムードやら、基調といってもいいが、これまでの作品とうってかわって日中・屋外のカットが多く、出てくるのもほぼ子供ばかりなのにかかわらず、このメランコリーでずぶずぶとした退廃の具合はなんつうか、紛れもなく押井の持ち味そのもの。こんな映画ほかにない。もっといえば新味(女性脚本家の起用ほか)と、これまでの押井の作家性とが妙にマッチしていたようにおもう。しかしまあ、客も予想以上入ってて(2日の初回上映に窓口行ったらば売り切れだった…)、こんな内容で大丈夫なのかな…と要らぬ心配をした。

文句もある。ひとつ目はキャラクター。西尾鉄也のデザインは、『御先祖様万々歳!』のうつのみや理(本作でも原画マンとして参加)のそれを瞬間髣髴とさせる萎えっぷり・抽象ぶりで、潮流に逆らったある種の普遍性を狙ったものと考える。けれど『御先祖様~』とはちがい、結局動かない静的な演出だったので(5万枚ってホント?)、このデザインになんの意味があったのか正直わからない。高畑の『火垂るの墓』ばりに、過剰なリアルに振ったほうが(鼻の穴やしわまで描く)よかったようなきがするのだが。この違和感、最後までぬぐえなかった(たしかに"濡れ場"といえるであろうシーンが数箇所かあったが、半分は目も当てられないほど失敗していた。特に娼館でのフーコのとこ)。もうひとつは空戦シーンのタイムスライス風ストップモーション。これは最後のティーチャーとの一騎打ちのみで留めてほしかった。乱用、観ていてなんだか恥ずかしいので…。

結論。相当退屈したし、乗り切れなかったのも事実だが、相応の傑作だった。何にも変わってない。表現の積み重ね、くどさ、駄目押しっぷりは、今回の腐心の成果であり、押井なりの、まさしく"ティーチャー"としての真心だろう。政治的決着がつかないで窮地に陥る登場人物はこれまでもいたが、怒りのあまり上司のトコに怒鳴り込む草薙水素の、その子供な行動に撃たれた(話し変わるがキネ旬で、食事シーンが『ポニョ』と比べてダメとか評していた低脳がいたが、こういうシーンをどう捉えたんだろうね?)。

夜、草薙の執務室に響くふたつの銃声。生きる意味。明快ぶりに目が覚める。つづく最期の搭乗とティーチャーとの空戦。これまでの押井では絶対に描かなかったであろう直裁な表現でキルドレの生と悲哀を華々しく散らせており、これまでの押井作品にない深い余韻を残す。アニメとして、相当意識して人間らしい泥臭い表現に押井は挑んでおり、そして果敢に失敗しているあたり、それは函南優一の姿と重なってみえた。

スカイ・クロラ
YouTube - スカイ・クロラ The Sky Crawlers 予告編

(3日、ムービーオン シアター9にて)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ポイントの街、パーセントの国 | ホーム | blue (2001)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/1512-88f72c45
| ホーム |