スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
スターシップ・トゥルーパーズ2 (2003)
2008 / 08 / 13 ( Wed )
ぜんぜん嫌えないなあ。むしろ、よくやったと。フィル・ティペットの初監督作というだけでも価値がある。

スターシップ・トゥルーパーズ2
そんなわけで、テレフィーチャーとして、これはこれでOKだろう。そう判断した。「サクラ大戦」の光武みたいなドラム缶型の前線基地(要は塹壕ね)に逃げ込んでくまでは、このままで大丈夫なのかよ…と不安だったが。ネガティヴで留保的な物言いが自分でも多くてシャクだが、嫌えない。

むろん、ヴァーホーヴェンの切り拓いた第一作目とは比べようもないのだが、ここでは前作とは桁が2つか3つ程ちがうであろう低予算で請け負った、その気概コミで買う必要がある。設定を踏襲しつつ、予算に合ったホンを準備したのは当然エド・ニューマイヤー。こういう絡み方は奇跡的ではないか。割り喰った予算で、前作越えとか、そんなんふつう、足洗いたがるよな。わるい。仕事はいっちゃって、本当はしたいんだけど…。でも戦友だから多分組んだ。フィル・ティペットを男にしようとしたのだとおもう。

脚本家が同じなので世界観は死んでない。ただあまりにもローバジェなエピソードなので、正直続編などと名のれないほど設定負けしてるのだが(TVシリーズの一本としてなら成立する)、低予算閉所スリラーとして、これはこれでわるくはないとおもう。惜しみなく脱いでるし血ぃ飛んでるし、ティペット先生の本来の資質(ヴァーホーヴェンとチーム組めるセンス)も再確認できたようなきがした。

スターシップ・トゥルーパーズDVDBOX

(DVD鑑賞)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<スターシップ・トゥルーパーズ3 (2008) | ホーム | 東京上空いらっしゃいませ (1990)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/1517-a0ca7501
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。