スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
アニメはいかに夢を見るか―『スカイ・クロラ』制作現場から ( 押井守・編著/岩波書店 )
2008 / 08 / 31 ( Sun )
映画『スカイ・クロラ』関連書籍。というよりも完全に便乗本。前半は、大量のカラー図版とともに押井守が丁寧に"ですます調"で制作意図やらを語りかける。だがすべて何らかの形で見知っているものばかり。要は、『スカイ・クロラ』制作に関連しておこなわれた報道会見とかインタビューを、語り口調で書き直しただけにすぎない。なので押井を普通にフォローしている人間にとって周知のことばかり。まるで喰いたりない(むしろ、"ですます調"が最高にうざったい)。

後半は、『スカイ・クロラ』でプロデューサーを務めた石井朋彦が、長期にわたる製作期間で伴走者として垣間見たさまざまを、まあまあ品よくまとめて記している。内幕モノとして読んではまずいのだろうか?インサイドからの発言つうことで、なんらかのショックが得られるものと期待したが(併録してる西尾鉄也の一頁漫画のほうが余程スリリング)、んまー押井と作品のパブリックイメージを守りきっただけの退屈な内容。

唯一、今回若き女性脚本家が起用された理由がわかったことのみが新たな発見かなあ(要約すると、公開後1年ほど経ってから『イノセンス』宣伝担当らを集めて、なんでヒットしなかったのかをダメ出ししてもらって押井が自覚したため)。あと、草薙が函南のシーツに手を添えて、ほおずりするシーンの作画を井上鋭が担当したってことがわかってチョイ嬉しかった。…んまあ、カラー頁ばかりでリッチなかんじですが、基本的には引用引用のでっち上げですんで、お奨めはしときません…。

アニメはいかに夢を見るか
読書 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<スカイ・クロラ The Sky Crawlers (2008) (2回目) | ホーム | ヒロシマモナムール (二十四時間の情事) (1959) ※リバイバル上映>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/1547-09056cea
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。