FC2ブログ
ZAZEN BOYS “TOUR MATSURI SESSION” at 仙台CLUBJUNKBOX
2006 / 04 / 22 ( Sat )
昨年末の同会場以来のZAZENBOYSのライブ。勇んでいきましたよ。

III_poster.jpg

性懲りもせず、マーチャンダイズにハマるおれ。TシャツとかCDとかポスターとか。

オープニングは「CRAZY DAYS CRAZY FEELING」。アレンジえらい変貌ぶりで興奮。
向井はギター持たずマイク一本でしょっぱなからアツク飛ばす。おそらく発泡のブロックのうえに立ちあがって唸りあげる。ハードフロア(古い)ばりのブレイク(なんせスネアロールですよ)なぞも垣間みせ、一曲目で持ってってしまう。
***

その後もそんな調子。年末のライブのときに感じた何とはない息苦しさは感じず、むしろフリーキーでOKなんだと思わせる懐深さがあった。ベースはなんだかやたらと割って入るフレージングなのだが違和感はない。そんなわけで、いよいよもって適度な緊張と遊び心満載(演奏の尺、長くなる傾向にあるよね)。

松下の、撲殺できる程重くそれでいてキレのある正確無比なドラミングと、吉兼のギターが違わずにリズムキープし続けている。だから向井と日向が前にいける。
この抑制と開放のフォームが絶妙な緊張感保って最後まで。そう、約二時間。

新譜からの選曲と配置も絶妙で違和感がなかった。
と、いうか、やはりライブ観なきゃはじまらないバンドなのだなと痛感。認識甘かったよ。

***

「WATER FRONT」は、音源以上にフェイク臭漂うが、容易でないシンセの鳴りと粛々とした黒いベースライン、音数も減ったような調子で、だが無差別なアーバンさを抉り出す(で、キチガイじみたギターが異物としてグサりと割り込む…)。

「FRIDAY NIGHT」の導入部(?)、尋常でなくプログレッシブでえらく昂ぶったんですが、元ネタ(カバー?)とかあるんでしょうか。ともかく、格好よかった。

「半透明少女関係」で一応幕。んがこれも「ええじゃないか」状態へ突入でとんでもないことに。

wpol_ent_zb_is0.jpg

(今村昌平監督作品(1981))

アンコールは客電付いたまま、「KIMOCHI」。
キレーなオネーさんをステージに上げ、K・I・M・O・CHIを浪々と歌い上げる向井。
シンガロングで騒ぐおれら観客(客電付きっぱ)!!!!!

年2度程のスパンでライブにいくバンドなので、個人的に偉そうなことは云えないのだが、ドンドン過去が払拭され更新されつつある(それがセットリストにも反映)きがして、とても頼もしい。

***

願わくば、現メンバーでリプレイしたアーリーベストを、やや良いマスタリングでリリースするか、現メンバーでのベストライブを5.1chDVDなど出してもらわないと、おれのように地方在住のおっさんは焦れて焦れて仕方がないですよ。

かえすがえすも、よいライブでした。しっかりガッツリ喰らった。

音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<speed master/slave me. | ホーム | もうこんな時間…。>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/158-924cebd2
| ホーム |