スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
おろち (2008)
2008 / 10 / 06 ( Mon )
タイトルクレジット、原作者や麗しき主演女優陣らとともに監督の鶴田法男、脚本の高橋洋の名前が大写しになる。Jホラーの立役者ふたりの名が連なることで、いろいろ期待や不安を抱えて観たのだったが…納得の出来ばえ。とりあえず心ある者ならば観ねばならない作品だとおもう。

おろち
不勉強ながら楳図かずおは寡聞にしてよくしらない(すべて揃えたのは『わたしは真悟』くらい)。なので、原作ファン故の云々はまったくない。けれど、まあ、鶴田&高橋のコンビならばこれくらいのことはやるだろうな…とだけ。かなりよかった。筋は、この世のあまねく人間模様や運命に翻弄される人間の矮小さをつぶさにウォッチするのが趣味のおろちちゃん(谷村美月ちゃま☆です。設定云々は訊かないで)が、数奇かつ奇怪な運命を自動的にたどる(まあ、運命ゆえに)美しき芸能姉妹(木村佳乃と中越典子!)を、すくなくとも三代にわたってジロジロ観察する物語。…なんかさー。おもい出したら、やっぱすばらしい映画だと再認識。

いわゆる、"Jホラー"とは一線を画す。そんなものではない。その狙いは功奏している。なんつうか、グラン・ギニョールやイタホラのエッセンスを存分に注入した見世物というか怪奇ものでオカルト洋館もの。同時に家庭内暴力映画でもあり、れっきとした女性映画。そして芸能もので姉妹もの…。成立の困難さはひしひしとかんじるが、少なくとも"洋館もの"としては相当に豪奢であった(黒沢清の『スウィートホーム』に匹敵…『LOFT』は貧相すぎ)。

なんつうか…おれ的にはキャスティングがかなりグッときて仕方がなかった。谷村美月ちゃまが真っ赤なフーディストでギロと目をひん剥くあたりキュンキュンしちゃうし、銀幕で観る中越典子さまも、そりゃ相当にお美しかったわけ。髪型も素敵で。ちょっとハスキーなお声も最高。ますます惚れた。だがここで問題にしたいのは、木村佳乃。

もともと基本的におれの好きなタイプの女優ではなかったし、別段良いとおもったこともなかった(『カンフー・パンダ』、色っぽかったといっても所詮ボイスキャストだし演じてるのはトラだし)。だが今作での木村の凄さったらない。興奮した。まず当たり前に美しい。そして、遠慮知らずで瞬く間に狂気へと傾斜する。酩酊してオープンカーをころがす様や、中越さまとのキャットファイトも大変結構だったが(なにもできず美月ちゃまがオロオロとする)、ボウガンに矢を装填しながら、ゆらぁ…と現れる木村が、拍手喝さいというか、もう図抜けてすばらしすぎる。そのう、職業意識の高さ?こういうひとが本物の女優なのかな、とか、遅ればせながら本気で認識した。

おろち

(4日、ムービーオン シアター2にて)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<his hand on a brazier, as if repetition | ホーム | YOU CAN (NOT) ADVANCE.>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/1600-9776e46f
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。