スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
パコと魔法の絵本 (2008)
2008 / 10 / 19 ( Sun )
パコパコしたいともおもわない。観ている間じゅう、ずーっと呪詛呪詛呪詛。本気で耐えがたい時間が味わえる一本。『下妻物語』の貯金をいよいよ底まで吐き出した(『嫌われ松子~』がなんぼかマシに見える体たらく!)中島哲也の新作。いまさらだけど(なのに客は結構いた)。

パコと魔法の絵本
ピチガイ病院もの。そこに入院してるピチガイども(名も連ねたくない役者ども)と、記憶障害のバカの子(アヤカ・ウィルソン。逆光で腕の産毛がすごいのやら)の医療ファンタジー?もう、本当にどうしようもない。ムラやヌケやスキや余裕のないギッチギチのコントラストの強いカネのかかった画面で(まあ、さすがに見事ではある)、終始、自意識過剰な三文役者どもが、耳障りにぎゃあぎゃあとコスプレして叫びあう、演技合戦というか、マスタベ合戦を繰り広げる。それをただ見てるだけ。

筋の悪口云い始めたらキリがないので、まあ止しておくが(映像化に不向きという差障りのないコトは云わない。感動亡者つか乞食に用はない)、どいつもこいつも演技ヒド過ぎる。こと、役所広司がねー…やばいよね。普段しまってある無名塾メソッドをこれでもかと繰り出す。相当ストレスが溜まっているのではなかろうか。反面、無名塾不合格で有名な上川隆也なんかは、相反して品が良かった。だが、それでも観るに耐えない(とくに若手)。べつに、あんた等のクソ演技の幅やクソ芸域なんて誰も観たかないんだよ。

最初のティーザーで役者が出てこず、3DCGのカエルしか登場しなかったので、きっと中島は実写を諦めたのだろうとおもったの。世評や興収はともかく、さすがに自分は騙せないじゃん。居場所は作り物の世界にしかないのだと漸く悟ったのだなと。けれどあにはからんや、着ぐるみものだった。まだ、邦画のバブルは続くのかもなとおもった。キャストにしろセットにしろポスプロにしろ贅を尽くしすぎてて観てて不快な気分に。たとえばこのカネが、あの映画やこの映画にまわったらどうなっただろう?…中島はケタひとつ落とした映画作りを一度模索すると良いとおもう。

なおCG関係のクレジットには『嫌われ松子~』同様、増尾隆幸やルーデンス、オムニバスジャパンなどの名が。そのへんは本当に見事で、ことに終盤のアクションシークエンスの繋がりは素晴らしいものがあったと記しておきたい。

パコと魔法の絵本

(18日、フォーラム1にて)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<私がクマにキレた理由(わけ) (2007) | ホーム | Shutter In The Dark>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/1616-8cc9b95f
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。