スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
トウキョウソナタ (2008)
2008 / 11 / 16 ( Sun )
ようやっと観れた…だが、どう評せばよいのか。観おえて、しばらくなにも出来なくなってしまった(いまも)。すべてに倦んでしまったというか…こんな感覚は久しぶり。少なくとも、立て続けに映画観ようというきぶんにはなれなくなった。ただまだ、判断は留保したい。

トウキョウソナタ
黒沢清の期待の新作は、都内在住の中流家庭の崩壊のさま(と、ほのかな再生までのきざし)を淡々と描いたドラマ。香川照之と小泉今日子が夫婦。なんつうか…それってありふれているというか、想像つくじゃん?だいたいその想像の域を出ないカップルではある。だが…。観ないですむのならそれでもいいが、そういうわけにもいかない。というか義務として観ねばならない。

まず目につくのが、これまで黒沢清が避けてきた描写。よくもわるくも社会から切断されてた連中が多く登場していたこれまでとちがい、ごく当たり前さにトライした演出&人物造形にかんじられた(とはいえ、異常なのだが)。たとえば家族の日常生活…たとえば夫婦関係をそれなりに描こうと努力しているし、TV仕事(『学校の怪談』など)でどうだったのか不明だが、とにかく子供たち(井之脇海&小柳友)を真正面から捉えようとしている。まああえて云えば、長男のみ唐突が過ぎる点で、これまでの黒沢世界のキャラクターを踏襲してると云えるかもしれないが(ああいう、いきなり不在になるパターンはこれまでも多かった)。

正直はじめは、あらたな取り組みが凡庸な結果となって現れており幻滅した(とはいえ、そこいらの連中よりよほどみせるが)。だって香川照之ってウザくないですか?そのー自意識が強すぎて、画になじんでいないというか…一方で、ある意味往時の哀川翔を想起させる津田寛治が抜群によかった。だがその彼も前半途中で不在となる。前半は、類型とは云わないが、今日的というにはあまりにタイムリーな実態経済の崩壊に絡めて一家がズタズタになるさまを、後半は…やや投げやりにもみえる息をのむ驚愕展開というかんじ。

なんていうのか…黒沢清の悪意がこれで測れたというか。ここでいっこいっこのシーンについて語るきはないのだが、総じて綿密なリサーチに基づくより、画的美的に映える描写を優先している様子(パンフの監督インタビューに、「僕はどの作品でも、資料を調べたり、自分で取材したりして書くことはないんです」と記載)。これって、誤った日本認識を意図して植えつけてやろう…こと、欧州のインテリどもに…。そういう目的からなのではなかろうか?本作のみならず、これまでも(『CURE キュア』以降)ずっと。そんなこと考えて、またそれはそれで怖気をかんじた。

先に挙げたように、きになったのでパンフレットをひさびさ買って読んだが、やはり最後に希望を残したいとの旨の発言がある。もちろん、安易に希望の大安売りしているわけでもないのはわかる。だが…うーむ…。おれ自身、とっくに社会や自分への展望や興味をうしなっている。もちろん正しさなど微塵もかんじない。この映画を観て昼メシ喰ったあとクルマのなかでうたた寝してたら、職質された。いったい、どうすればよいのだろう。

トウキョウソナタ

(フォーラム5にて)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<sinking moonlight | ホーム | ブタがいた教室 (2008)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/1667-110e36cd
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。