スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
ハッピーフライト (2008)
2008 / 11 / 24 ( Mon )
フライング?ラビッツ?なにそれ?見せもんとしてカネ取れるの…?よくもわるくも『ウォーターボーイズ』、『スウィングガールズ』の二本で、何者でもない若者たちが目的達成に向かって立派に成長していくさまをコミカルに描く、というヤング層向け邦画の常道を作りあげてしまった矢口史靖の新作。追随者を横目に自己模倣に陥ることなく新味と手堅さを混ぜ合わせて仕上げるあたり、エピゴーネンにすら成りえない凡百の演出家どもとの格のちがいをキッチリみせつける結果に。そして本作、単純にヒコーキ映画としても出色。少なくとも今年観た航空機登場映画の中では最上の出来。ぶっちゃけ、押井のメンツ丸つぶれ…。

ハッピーフライト
ストーリーは単に、羽田発ホノルル行のANA機が飛び立って降りてくるまでを描いているだけに過ぎない。そこに、さまざまな人間模様がこれでもかと混入される。老若にゃんこまで!がちゃがちゃきゅーっとふぃぎゅあっと!…かように、見所の塊がゴロゴロしているが、基本的には機長昇格を目指す田辺誠一と国際線デビューとなる新人CAたる綾瀬はるか(彼女だけでモトが取れます!)の、二人の若者の成長がテーマ(中条省平的表現だと「教育とイニシエーション」ということに)。結果、フライトパニック群像モノと訓練生モノとが高次融合し、品のよいコメディなってしまうこの魔術。けど、なんなのこの安定感と高揚…。これが、矢口史靖の映画だ。

そしてANA職員美人大杉&味わいのある男だらけの所帯。前述したとおり、アマチュアとプロフェッショナルとのちがいを明確にさせる、そういう筋の通し方も垣間見える。普段うだつのあがらない上司(岸部一徳や田山涼成)が、ここぞというときに本気を見せる。その格好よさ。とくにすばらしいのはベテランCA(寺島しのぶ)とクレーマー(菅原大吉。このひとのキレ具合もグー)とのシーン。苦情処理としてはかなり拙い手を打って相手の逆鱗に触る吹石一恵のフォローをさらりと勤める寺島…無駄脱ぎだけじゃねえんだアンタ!最高だ!そしてグランドスタッフの田畑智子のだらけた調子と仕事のときの切り替え感にゃ負けた。彼女、仕事にゃとっくに倦んでいる。けど、ときどきイイコトもあるよね…この、矢口の神演出。それにまんま翻弄される田畑に本気でグッと来た。

そして…そして、やはり、とにかく本作は綾瀬はるかだ!も、超絶キュート。絶命。常々綾瀬はるかはその笑顔と肉体がキモだと主張しているが、本作での顔演技…!かるく死ねる。てゆうか死んだ(いわゆる、"はい死んだ"状態)。とにかく、こんな彼女が見たかった!やっぱ矢口わかってる!綾瀬はるか登場シーンのみでMADがわんさか出来そうな、そんなインスパイアが無駄にビシビシ。

終盤に向け、構成に練れが足りてないし、小ネタの誘導爆発にも不発が見られる(高校生とか正露丸とか)。賛否ありそうな、クライマックスの専門用語の畳みかけもジャーゴンチックにならず、個人的には感心した。端々にキャラクター自身の喋りを織り交ぜる器用さは、矢口の資質だろう(富野や庵野や樋口あたりが嫉妬しそう)。そんなわけで、ふだん映画をあまり観ないひとがデートとかで観るべき一本。満足感と多幸感高揚感にあふれた快作であることにはまちがいない。

ハッピーフライト

(23日、ムービーオン シアター4にて)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<この世界の片隅に (中) ( こうの史代/双葉社アクションコミックス ) | ホーム | 一途ガール>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/1681-1bede81d
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。