スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝 (2008)
2008 / 12 / 23 ( Tue )
んまー…驚いたよね普通に。だって普通に面白いんだもん。云いすぎかもしれないが。すべてにおいて破格。オープニングの空撮で、もうやばかった(ヘリを腹から見せてくれれば最高だったが)。云いすぎでも何でもいいけど、佐藤嗣麻子は日本のキャスリン・ビグローじゃ?んま、『K-19』に引っ掛けたんだが(適当すぎる)。ともかく、蔑視ととられるかもだが、というか女性監督でこんなん撮られた日にゃ…どうなのよ。たいていの男敵わないだろ。とりあえずCF出とかPV出のボンクラには出せない正真正銘、活劇の迫力。むろん、山崎貴でも撮れないであろう。繊細さと豪胆さが混在する痛快娯楽作。

K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝
第二次世界大戦がなかった平行世界での、ありえない(たぶん)昭和30年代―。怪人二十面相が帝都を跋扈していた。二十面相にハメられ無実の罪を着せられた(そのへんの描写、結構執拗)サーカスの曲芸師(金城武)、良家の令嬢(松たか子)、明智小五郎(仲村トオル)らが追う…っていう筋。まあザックリだけど。日本語喋る金城は相変わらず見ててハラハラだし、松たか子は相変わらず見事なコメディエンヌっぷりだし、仲村は前から好きな役者だったけど、けっこう新境地だったような…ネタバレながら、ラストはまんま『少林少女』だったじゃんね!

なんつうの?時代設定も魅力的。わかってる独逸趣味もさることながら、目一杯格差のついた身分制度が残り続ける社会というのも、今日的すぎて看過できぬかんじ(これまた描写執拗)。手垢のついたテスラネタ繰り出すあたりもきらえない。泥棒長屋の設定なんかひょっとして成立するかも…っていう暖かい眼差しになれます。あと國村隼と高島礼子ね!とくに高島がよかった。黄桜持ってこいっちゅう話しで(ふるいよ)。無駄に怪演してた松重豊や展開上忘却のかなたに置き去られる小日向文世も忘れがたい。

例によってVFXは白組。山崎貴は脚本でも参加(『三丁目の夕日』は、本作のための経験値づくりでしかなかったのかも…)。『ベクシル』で散々コキ降ろさせてもらったチュウチュウコンビナートが画コンテで参加。すばらしい画面設計で、前言撤回で最高の仕事を拝見させてもらいました。あとすげーのがパルクールね!本格導入した邦画アクションとしても語り継がれることだろう。佐藤嗣麻子、まじ次はハリウッドで撮るんじゃ?いつお呼びがかかってもおかしくない、そういうきがした。

K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝

(21日、ムービーオン シアター2にて)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ECDIARY ( ECD/レディメイド・インタ-ナショナル ) | ホーム | 特命係長 只野仁 最後の劇場版 (2008)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/1720-1e3a28b2
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。