FC2ブログ
ハード・リベンジ、ミリー (2008)
2009 / 01 / 15 ( Thu )
タイトルの重みのなさとか、直球感とか、ほんと最高ですよね。まんまじゃねーかって。てゆか散々キャプしてもほとんど残像なのやら…そんくらい恐ろしいアクションの連打!コマで観ても愉しめる。それでもなお水野美紀は美しいままなのだった。

ハード・リベンジ、ミリー
押井守の弟子を自称する監督による辻本貴則(資質を疑わずにはおれない監督陣が居並ぶオムニバス『真・女立喰師列伝』で、唯一おもしろかった『荒野の弐挺拳銃 バーボンのミキ』撮ったひと!)の中編作品。こういう、イイ意味で突き抜けてる映画は貴重だし、最高かと。

都合のよさなぞ構うことなく、したいことしか、見せたいものしかおれは興味がないとでも云わんばかり。知性をふりかざして高踏趣味なんてまじバカじゃね?と云わんばかり(誰のなにのことかよくわかんない)。と、話題沸騰(らしい)の『片腕マシンガール』は未見なのでアレだが、この作品も倫理方面にしろアクション方面なんかにしろ負けてないのではないかなー。もちろん『片腕~』未見なんだけど(なお本作の残酷描写は西村映造による)。あと、こういう映画に出ちゃう(で、キッチリと見事こなせちゃう)水野美紀のことがものすごくいとおしくかんじる…。

ハード・リベンジ、ミリー

(DVD鑑賞)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<differences in strategy | ホーム | トロピック・サンダー/史上最低の作戦 (2008)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/1757-a617765e
| ホーム |