スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
おくりびと (2008)  (2回目)
2009 / 03 / 07 ( Sat )
おくりびと
故あって、縁あって二度目の鑑賞。正直、初回の感想からあまり変化はありません…つか、最初観たときは多少、ヒステリックになってしまっていたのかもしれない。いまどき稀な、ベタな、物すごくウェルメイドなお話しですわ。個人的な印象としては、隣人から貰い受けた蛸の挿話とか、鮭の遡上とかの妙な作劇上の熱心さがきがかりだったのと、あとモックンとロスエとの濡れ場が案外最初の位置にあった、というあたりがきがかりだった。あとは、まあ、その通りだなあ…とだけ。

いっこいっこのエピソードが寸断されつつ次に進むような印象。わりと独立してんの。それってなんだか、ラーメン屋でタンメンすすりながら読む『ビッグコミックオリジナル』のような印象。題材は確かにガイジン向けかな、とはおもう(おれとしては、邦画の奇異さ、特異性なら『休暇』を選に挙げて、推すがね)。でもこういう構成的にベタな、堂々たる純然たる邦画が、見事オスカー獲れるっていうのは、なんだか複雑なきが。だってさ、これってキャスト的にも題材的にも、どう考えたって伊丹十三や周防正行の系譜なわけで。そういう複雑さと、裏腹な単純さ(ピュアさ、でもいい)が相まってふしぎなきぶんに。余韻が案外無い映画だな、ともおもった。

おくりびと

(5日、フォーラム1にて)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<same sky 4days ago and today | ホーム | ハルフウェイ (2008)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/1813-d13f0045
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。