スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
激情版 エリートヤンキー三郎 (2009)
2009 / 03 / 12 ( Thu )
これぜんぜんわるくない。むしろ、いい。正直、観ながら「あーもう一回、映画館で観たいなー」って、おもったよ?いい映画、たしかに現時点でなんとか結構観てるつもりですよ?でも再見したいと即座におもった映画、そんなことおもった映画は、ことし本作がはじめてです。まあ実際も一回観にいくかどうかは別問題だとしても…。

激情版 エリートヤンキー三郎
TVドラマ版をしらないので、過剰に反応しているだけかもしれない。だけど学園もの、ヤンキーものって、こんなに芳醇だったんだ…との想いを強くする。春なのに、のっけから見事に破壊された入学式から幕が揚がる。くすんだ校舎のバックに黒煙や爆炎(そして不穏なSE)がのる。屋上には教師である池田鉄洋が磔にされている…!見世物として洗練されきった…ある意味カーボーイ的にすらおもえるヤンキーどもが威嚇し、吼える。最初が肝心、入学式が勝負。だが…文字通り、エリートヤンキーが登場する。

そっからは、待ったなしの活劇だ。背景や状況説明は最低限、でもキッチリかましてくれる。主役の大河内三郎を演じるのは石黒英雄というひと。こういう仕事をキッチリこなすってだけで、贔屓にしたくなる。その兄を演じるのが小沢仁志&和義!兄弟して、ティーンエイジを演じる。それも銀幕で…!ほかにも竹内力が規格外の刑事役で登場。なだぎ武もわるくない。だが特筆すべきは佐伯日菜子!一瞬わが目を疑った!異常な使い方をするのにふさわしい状況に、的確な演出。それにしっかり応える俳優陣…日本映画の、本当の芳醇さってこれだろう、と本気でおもう。

監督は山口雄大で、脚本は木田紀生。。ぶっちゃけ両方、あんまりしらないんだが…尋常でない才気をかんじる。語り口はアナクロだがフレッシュ。流れは一切留まらず淀まず、一気に進む。ヤンキーものにつきものの暴力描写をコミカルに描くには…?行き着いた先が、面白おかしく人体(おもに顔、頭部)を変形させることだった。てなわけで西村映造による真心こもる愉快な特殊造型とVFXがすばらしいマッチングをみせてた。あとさあ!劇中の「バーチャくにおくん」っていったい…!?キャラデ長田悠幸だった…よね?

激情版 エリートヤンキー三郎

(7日、ムービーオン シアター6にて)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<DRAGONBALL EVOLUTION (2009) | ホーム | quizzing on losing my syncopation>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/1819-fe9952e5
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。