スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
大金星 ( 黒田硫黄/講談社アフタヌーンKC )
2009 / 03 / 31 ( Tue )
短編集です。基本的にこのひとの漫画ってさ、短編ならなおさらだけど、どうしようもなくダメな男が、どうしようもなく身勝手で強気な女に一方的に惚れて、即ふられるみたいな。そんな筋が多いよね。ほんでこの御本にもそういう話が多いようなきがします。きのせいかもだが。大友克洋や秋本治が過去に通過した道を抜本的に俺流で書き換えた(結果、押井くさい雰囲気の)「居酒屋武装条例」も、日本人好みのパーツとシーンとで構成したスペクタクル「多田博士」もよかったけど、個人的には奇天烈なファンシー方面にシフトしたかに見えて、おそろしく静謐な時が待ちかまえる「ミシ」が好みです。

大金星
読書 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<little fury clouds | ホーム | d.v.d 『 ゼロワン・レスザン・ゼロワン (“01 > 01 (01 Less Than 01)”) 』>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/1842-a4ad297c
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。