FC2ブログ
Various Artists 『 FINAL SONG #1 』
2009 / 04 / 22 ( Wed )


今際の際に、オラが聴きたいオンガクってばよ!!みたいなノリでコンパイルされた、そういう意図がなければ酔っ払って国際線のヒーリングchやニューエイジchでダラで流れてきそうな、そういう意味ではアリかな?でも意図を添えてみればなるほど幽玄というか玉響な、そんなCDではあります。こういう企画意図に賛同して、他人の曲をホイホイ挙げられるDJというひとたちは…なるほどすごいなあと。おれはいま、そんなときに聴きたいオンガクは、ないかなあ…むしろいま、オンガクあまり聴きたくないかもなあ。…10曲目のヴィラロボス選曲のインティ・イリマニ"Caramba、Yo Soy Dueno del Baron"あたりから急速に体温が冷えこみ、リッチー・ホウティンが選んだLINKでジワジワして(いいセンス!)、ケヴォーキアンの選んだファラオ・サンダースで恍惚のさなかハイさようなら。イーノは冒頭のサティとのブリッジになってるきがした。

Various Artists FINAL SONG #1
音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<やめても消せない 裸の気持ちを | ホーム | 机のなかみ (2006)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/1873-f7170c4a
| ホーム |