FC2ブログ
罪とか罰とか (2008)
2009 / 04 / 27 ( Mon )
ケラさんの映画、ちゃんと劇場で観るの初めてだな…などとおもった。タイトルどおり不条理を、その不条理すらをも虚仮にするようなコメディ。よって、よくもわるくも中身はありません。でも、それでいいじゃないか…とはおもう。

罪とか罰とか
疫病神一歩手前なグラビアアイドルの成海璃子ちゃん(顔がまんまるでつやつやしてて、やたら健康そう)が、ひょんなことから…そう、自分の掲載誌を万引きしたことから、一日警察署長を務めることになったのだが…っていう話し。その本筋の周辺を、ほとんど関係のない瞬間の衝撃度合いのみが重視される小ネタの類が、これまた一筋縄ではいかない登場人物らによって紡がれる。そう、ぐるぐると廻っている。

んまーおもしろいです。個人的には大人計画関係よりコッチが好みだね。とにかく意味がないって云うほうが、断然すき。倫理的な云々を超えてて。ホント妙な性的トラウマとかうざいよね!本作では無意識で人を殺めるという、ケラさんの作品の中では別段普通な立場の爽やかな青年(永山絢斗)が登場したり、そして見事に彼の成立過程に触れなかったりして痛快。スケッチというほどでないけど、とにかく飽かずに瞬間瞬間にしか興味のないところで一本成立させている。

これは映画じゃねーよっていうのはもっともな意見で。確かに三木聡なんかのほうがよほど映画だとおもうし(もっと云えば、岩松了のほうが映画だったような)…とはいえ、本質的に画のひとではないので、まちがいなくヘンな画が散見されてて(追突シーンはもちろん最高)、それもアリだなって。画で説明つける前に、しゃべらせてるのだから。そっちのほうが早いんだからさー。なので永山と佐藤江梨子とのバトルや工場内でのクライマックス、したいことは理解できるがまるで出来ていないっていう悲しさがある。あとま繰り返すが、成海璃子ちゃんがねー…健康的でよかった。ほっとくと何時間でも食べてそうな、そんな愛くるしさ?があった。あと森田ガンツさんが久々にみれてよかったです。

罪とか罰とか

(フォーラム2にて)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ターンレフト ターンライト (2002) | ホーム | pump up the...>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/1878-c3bfaa12
| ホーム |