スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
鴨川ホルモー (2009)
2009 / 04 / 29 ( Wed )
個人的にすきな(むしろきらいになりたいぐらいだが)本木克英の新作。古都・京都を舞台にしながらも誰も手をつけていない境地…というよりか未踏すぎるステージへと我々をいざなう意欲作。笑えるか?といえば案外そうでもない。だが、わるくもない。そしてそれが、ここちよい。まったくもって不思議。

鴨川ホルモー
要はよ、おれの大きらいな大学生の生態を描いた作品なのだが、古都・京都を舞台にするだけでこんなに意味不明な内容に仕上げられる、その制作側の発想の突飛さに関心がいく。とはいえ、設定や状況が異常なだけで、基本的に本木克英はウェルメイドだがね。…山田孝之や栗山千明や濱田岳や石田卓也など京大の新入生らが、荒川良々が会長を務める"京大青竜会"なる特殊サークルに加入し、"ホルモー"なる神聖にして珍奇極まりない神事っつうか競技にのめり込んでゆく。そこに、じつにベタな恋愛模様とか成長や克己のさまが繰り広げられる。

ウォルター・ヒルの『ウォリアーズ』を想起させる集団抗争劇みたいな烏丸四条交差点のシーン、そして本木が得意とする"吉田代替りの儀"のコミカルさ、かわいいポーズと発話(オニ語)で式神を操る『ファイアーエムブレム』みたいな子供だましだが熱くなる瞬間(クリーチャーのVFXはGONZOなどなど。なおGONZOは制作にも)、そしてダラダラとした山田孝之と濱田岳の熱かったり寒かったりするすっとぼけた会話が妙にたのしい。このふたりのやり取りは、『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』での市原隼人と浅利陽介のやり取りに近しいものをかんじる。

まあ…おれは本木というひとを信用している。それっていったい何?って云われれば答えに窮するが、とにかくまあ…好みとか、はずし方の匙加減みたいなものであって、単純にきらえない。本作でもとくに女優のセレクト感・審美センスにズシンと胸打つものがあった。端的に山田孝之と栗山千明と石田卓也と芦名星のツーペアがもつれて、こんがらがって、出来上がっていくわけだが、この栗山と芦名っていう対比ぶりね!芦名のけだるさとブレない都合のよさ、そして栗山の想像通りの珍妙な可愛げ(メガネ取ったら美人って昭和すぎ)が火花を散らすその脇で、我らが佐藤めぐみが可憐を体現する。もうね、本木の撮る映画の出来不出来はどうでもいい。だが、打ち上げだけは最高たのしそうで、そして猛烈にうらやましい。

鴨川ホルモー

(28日、ソラリス5)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<マックス・ペイン (2008) | ホーム | 潜入 怖~い島 ( ミッシィコミックス/宙出版 )>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/1880-93af0538
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。