スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
血まみれギャングママ (1970)
2009 / 05 / 14 ( Thu )
血まみれギャングママ
別段、いまなんらか早急に困っていることがあるとか、衝動の矛先が必要だとかではないのだが、でもなんとなく観ちゃったので。かなりの暴力映画で、ロジャー・コーマンが監督してます。ほんで若かりし日のロバート・デ・ニーロが登場することでも知られてるけど、とにかくシェリー・ウィンタースがねーやばくて…いいよね!ほとんど思慮のカケラもなくただ無軌道に、四人のドラ息子(+娼婦とか)とともに犯罪行脚に明け暮れるケイト・バーカー一家…もちろんリッチもいいけどビッチもいいでしょう~~とばかりに強盗する傍らで息子らとまぐわったり、人質のおっさん(ちょう良識人)を半ばレイプっぽく犯したり…そういう自らの欲望にあまりに忠実な行動する女性像を見せつけられるたびに、シェリー・ウィンタースがバンバン輝いてくるから不思議だ。あ、ちなみに所有はエスピーオー版です。

血まみれギャングママ

(DVD鑑賞)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<through the break | ホーム | 出版奈落の断末魔~エロ漫画の黄金時代~ ( 塩山芳明/アストラ )>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/1913-d284480d
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。