FC2ブログ
矢野顕子 『はじめてのやのあきこ 』
2006 / 05 / 14 ( Sun )
超が四つ五つくらいならびそうな豪華なゲストとの競演盤。
でも、ゴージャスさとは無縁の敷居の低さ、居心地のよさ。

hajimete0.jpg

抑制の効いた槇原敬之参加の「自転車でおいで」、YUKIが参加した「ごはんができたよ」では元気なネコ二匹がにゃーにゃーと鳴いているようでかわいらしく、つい微笑んでしまう。上原ひろみ参加の「そこのアイロンに告ぐ」は例によって劇プログレッシヴな仕上がりです。

皆よい。

だが、眩暈がおきそうなのはヴェテラン三人とのコラボ。

ふたりの声の絡み具合が淑やかでうつくしい「中央線(小田和正)」、その第一声でため息が漏れてしまう「架空の星座(井上陽水)」、ストレートなその想いに泣きそうになる「ひとつだけ(忌野清志郎)」…。

若い衆(くるりとかレイ・ハラカミとか)とのコラボ(マキシsg.『PRESTO』、al.『ホントのきもち』)も良いが、息ぴったりで壮大な安心感と充足感が味わえるのはこちら。

シンプルで太く、しなやかでしかも力強い。

音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ZAZEN BOYS 『MATSURI SESSION 12.27 2005 TOKYO』 | ホーム | ギザキモスなすてきななにもかも>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/194-51b97980
| ホーム |