スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
カムイ外伝 (2009)
2009 / 09 / 22 ( Tue )
漫画(劇画)の実写映画化の、邦画におけるひとつの到達点だとおもう。白土三平の原作漫画は、小学校のとき担任の先生から借りて読んだ。これっていまにしてみれば日教組ラインの価値観刷り込みだったきがするが…まあトラウマにはならなかったものの、作中の適度な人体破壊は精通前の消防のこころをガッチリ掴むには十分だったわけで。そんな原作を、まったくもってジャストでファットな人選としか云いようのない崔洋一が、仮借なくガチで挑んだ本気の被差別アクション忍法漁村映画。きっと、演出部とか制作部とかバンバンしんでたでしょうね…。いまの日本の映画監督で、ここまで現場に無理を云えてしまう、ないしは無理をさせられる現場は崔のトコだけでは?ここまで苛烈な要求、普通しないでしょ。だし、崔だってさ、こんな映画でなく、文芸ものとるような年齢だしキャリアでしょ?根岸吉太郎とか高橋伴明みたく…。以下、ネタ割っちゃってますんで。

カムイ外伝
伊賀の里の抜け忍カムイ(松山ケンイチ。半ケツ丸出しでフンドシ姿になったりとソッチ方面の目配せも一切抜かりなし)が、追っ手である追忍ら(芦名星とか)を返り討ちにしながらとにかく逃げつづける。途中、なぜか殿様(佐藤浩市…イーサン・ホークみたいな情けない顔してて、ことし観たなかではベストの演技)のお馬様の前足をなたで嬉々とした表情しながら切断してるなぞの男(小林薫…ここの前足切断シーンは今年度最高の動物描写!ハリウッド版『リング』の馬並!)を発見。ざっくり、興味しんしん丸になっちゃうカムイなのであった―。

とにかくね、アクション描写のレベルが不可思議だがおもしろい。リアルとウソのブレ具合が、かつての邦画に見られないムードを醸す。漫画な描写をある程度本気で撮ったらどうなんの?忍者だから飛んだり跳ねたりはふつうにするよね?でも娯楽映画なんだから、CGも多用して派手にいきたいよね?でも斬ったら血が出るとかバラバラにはしときたいよね?ってなったら…こうなった、みたいな。アクション監督に谷垣健治。殺陣指導に高瀬將嗣。撮影は藤澤順一と江崎朋生。VFXスーパーバイザーに浅野秀二。ポスプロのメインスタジオはイマジカ。どっからシリアスなのか、どっから非現実な描写でオッケーなのか、このさじ加減が絶妙。たしかに木の枝のあいだをピョンピョン飛んでるとこなんか、ああ、スーファミの拡大縮小みたいだな…とか、サメを捕獲して船上でボコボコにしてるとこなんか、ああ頑張ってるけど、けだしフレームちがうからな…とか、おなじく海上の描写なんか、だいたい遠近が確実に狂ってる。けどもオーケーなんだ!っていう意思力みたいなもんが画面からグイグイ伝わる。印象としては、ザック・スナイダーの『ウォッチメン』に似たウソのつきかたと云いましょうか。

小林薫らの住まう、ちいさな漁村に流れ着くカムイ。小林一家のひとのぬくもりに触れ、貫通前の大後寿々花ちゃんから肉襦袢などという羨ましすぎる歓待とか、潮風で顔が赤くやけちゃってる小雪にコロされそうになったりとか、まあいろいろあって最終的にちいさな漁村が惨劇の場、地獄と化す。こうしなきゃ、原作云々というより、製作委員会がどうこうより、この原作を受けた崔洋一のきがすまない。クライマックス、伊藤英明の両腕を飛ばしたとき、ああ、こんな2009年の邦画状況下にあって、ダルマさんがころんじゃう描写にめぐり合えるとは…!それもマッシュ野郎の…!って、なきそうになった。結論として、きれいに四肢を飛ばすことなく残念ながら半ダルマだったのだが。それでもビュクビュクといきおいよく血潮を噴霧させながら元気よく絶命するトコまで生真面目に撮りきった崔と現場クルーに今夜は乾杯!

カムイ外伝

(20日、ソラリス2)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<しんぼる (2009) | ホーム | サンシャイン・クリーニング (2008)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2100-4750ab27
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。