スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
バッド・ムービー・アミーゴスの日本映画最終戦争-邦画バブル死闘編-2007-2008年版 ( 柳下毅一郎, 江戸木純, クマちゃん/洋泉社 )
2009 / 10 / 06 ( Tue )
『映画秘宝』本誌連載陣のなかでは相当ひいきにして、毎月たのしみにして読んでいる連載、の書籍化。なのだが、雑多な紙面にあるぶんにはこの毒気はすごくいいスパイスなのだが、単体でまとまっちゃうとこれがね。ダメなものをダメと揶揄って、はやしたてるっていうだけでなく、こんだけ数がそろうとさ、苦々しさとか絶望とかのほうに針、振れちゃうんだよね。連載してる映画のダメさ加減はおれも重々承知だし、ほんで書かれていることも至極真っ当なんだが、もうすこし、ポーズでも舐めまわしてやるくらいの、度量?甲斐性?ゆとり?あってもよいのかなと。

内容にも多少、文句ある。連載中にもおもってたけど、たとえば本書で散々コキおろされてる『少林少女』にしたって(これはガリンピョウ君もダメって云ってたっけ…)、おれとしては、女子ポロシャツ映画の最高峰に位置してるといまだにおもってるし、当然のことながら田中麗奈ずきとしては、いわゆる2008年は"麗奈イヤー"は狂喜せざるを得なかった年だったので違和感がある(だったら『山桜』もDISれよな。つか連載中は取り上げてなかったっけ?)。…とまあ、邦画の危機的状況が、これほど凝縮され明白になる御本もないとおもうので価値はある。本書中いっちゃん哂ったのは、『クローズド・ノート』の項。毎年ガース柳下んとこに届いてたハメクリ高城剛からの年賀状が、09年には届かなかったってクダリ。友情つか志がアッサリ袂分かつ瞬間…ゲラゲラゲラ。

バッド・ムービー・アミーゴスの日本映画最終戦争
読書 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<meeting soon | ホーム | MELT-BANANA / FAT DAY 『 Q./A. (DEVO Cover split mini-CD) 』>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2126-fd76962b
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。