FC2ブログ
ベロニカは死ぬことにした
2006 / 05 / 31 ( Wed )
鑑賞後このタイトルに対して云いたいことは、なんでもいいよ。
勝手に死ぬでもしてくれ。でも、ヨソでやってくれ。そんなかんじか。

veronika0.jpg

***

かなり共感を得にくい理由で自殺未遂をした図書館司書(真木よう子)が、軽井沢や清里にあるような洋風ペンションみたいな気味の悪い隔離型精神病院に収容され、物語が動き始める。
入院一日幾らかかるんだろうここは?そんなダルいこと考えてしまうほどの美術。すると…。

***

だいたい、そんな混乱の極みであろう精神状態の患者に、院長(市村正親…)が神妙な顔してバレバレな嘘をつく、その時点で唖然としたし、製作側の心構えというか姿勢におれは疑問を持った。
で、これで最後まで押し切ろうというのだ。

しょせんフィクションなのだから、嘘ついてナンボだ。
だが、嘘をつくにも技術が要るし、なによりファンタジーを描こうという意図なのだろうから、ソコにかかる負担は大きい。

権利を得て、いまの邦画の平均的水準以上の予算も役者もスタッフも揃った。
で、自然に、無理のない自然な嘘が紡げるかといったらそれは無茶だろう。

***

そのほか、曲自体は悪くないが、妙にのっぺりとした劇伴の付けかたがなされていたりして、とても不快(終始鳴りっぱなしの『最終兵器彼女』よりも、曲が平凡でないだけ余計障る)。

あと、作劇上どうも自信不足なのか必然性を持たせるためか、クライマックスを前にしてとってつけたように厄介なオンナ3人のオブゼッションが噛まされる。

で、待ってましたとばかりにご開帳シーンがそれに続く。
だが、オンナ、キレイにオナニーするだけ。オトコ(イ・ワン。すごいバカ面。少しは日本語の発音訓練受けろや!)、白痴も同然でポケーっとみてるだけ。
目の前に爆弾みたいな見事なおっぱいがぶら下がってるんだから、ムシャブリつけよ!

***

監督の堀江慶というひとのことはよく知らないが、それなりにやったとはおもう。
だが、イライラしながら終わりを待ったよ。

***

「真木よう子が韓流スターの前で大胆なオナニーシーンを演ずる文芸作」というふれ込みだけで劇場に足を運ぶようなおれには、この映画をどうこう云う資格はないのかもしれない。

だが、難病モノのフォームを借りた薄っぺらい自分探しなんかに付き合えるほどの余裕、現実には、少なくともおれにはいまないんだよ。

というわけで、文句なし現時点での今年度ワースト。

(フォーラム2にて)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<三十世紀に紡いでいく 夢を | ホーム | 先週 iPODに入れたCD>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/215-b23c93c2
| ホーム |