スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
ファイナル・デッドサーキット 3D (2009)
2009 / 10 / 31 ( Sat )
とにかく最高に元気になれる。その…こういう映画だけで、もう十分なきがする。すべての映画は、こんな具合になってしまうのも仕方がないのかもしれない。たとえばいまやTVゲームで、ベタな平面画ってのはありえないわけで。見世物の真っ当な進化の仕方、その真っ当な過程をまざまざと体感できる。まあ…とりあえず清水崇はデヴィッド・R・エリス先輩の爪垢煎じて呑むべきだ。

ファイナル・デッドサーキット 3D
調子こいたアメリカのティーンその他が、ピタゴラ感覚で惨死していくさまを、ただそれだけを、延々眺めている、ただそれだけの映画の第四弾にして、全人類熱望のデジタル3D化!!!!!!!!!テメエらエンターテイメントってこういうことなんだぜ?って、デヴィッド・R・エリス先輩が教えてくれている。のっけ、レース場が生鮮食品売り場になる。輪切や串刺しといった王道的調理法から、空から古タイヤがびょーん…って降ってきて、いとも容易くジューシーに潰されるといった、おなじく3Dの『くもりときどきミートボール』を挑発するような表現もあったりと、テメエらが自主やってた頃からおれは2ndユニット任されてたんだよ!!!的な、まだまだジャンルの先駆者たる威厳を見せつける(エリス先輩は第二作目も監督)。

以後、運命っぽいモンにからめ取られまいと奔走する人類の小賢しさと矮小さと、それに反してとにかく、ハインリッヒの法則がグワングワン発動しまくる。ぜんぶ人間のせい!原因は死神とか云々の霊的現象などではなく、死者による生存者への怨嗟でもなく、安全管理を怠ったわれわれ一人ひとりの責任なんだ!常日頃のメンテナンスやKY活動その他の安全確認作業、リスクアセスメント等々をやってない、テメエらの自業自得がこの愉快痛快な惨劇を招いてるんだよ!…ってドライに嘲うエリス先輩。おれらはそれに慄くしかない。時おり、示唆されるような文言がでるが、それ完全にミスリードですわ。そうやって、人知を超えた存在のせいにしてテメエは安心したいんです!バカかと。即座にジャッキアップしなかったからトレーラーがこじゃれたキャフェに突っ込むんだよ!PICによる処理でサクッとガイ骨になっちゃうんだよ!ヒヤリ・ハットを舐めるなオカルト野郎!アムスなんかに行けるとおもうなクズ白人!

…冒頭に戻る。『戦慄迷宮3D』、そんな清水だけわるいだけではないのは、おれだってしっている。最初っから限定してローバジェでやろうっていう、その貧相な態度が映画同様きに喰わなかっただけなのだ。新妻になっちまった前田愛の胸のふくらみを遠慮なく立体視させてしまったあたりは、そりゃ評価できる。それだけで、技術進歩のすばらしさが理解できる。余談だが金子修介監督のブログの、勘太郎&前田愛結婚式参列のエントリは最高におもしろかった。ブレット・ゲイラーとのやりとり間ぢかで見てて、最高ウザったいオッサンだなーとおもっていたものの、なんだかんだと信用できたので。あー個人的にベストオブ死に様は、なんといっても酔っぱらって引き摺られながら炎上しちゃうあのレイシストだよなあ…おもい出すだけで、なんかもう恍惚とします☆

ファイナル・デッドサーキット 3D

(30日、ソラリス3にて)
映画 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<仏陀再誕 (2009) | ホーム | 3時10分、決断のとき (2007)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2161-b1a4c9c4
中村勘太郎 前田愛
宝くじは買わない ... 弱者が社会の中で居場所を作るために出来うる方法論が多数出てくる。 「隠し砦の三悪人」 鑑賞 つまらん。 最後の最後までヒロインの姫様が 長澤まさみなのか堀北真希なのか前田愛なのか断定できなかった。(続きを読む) おめでとうございます 勘 特ダネ!ニュースダイジェスト【2009/10/31 22:05】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。