スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
パプリカ (2006)
2009 / 12 / 08 ( Tue )
パプリカ
とにかくさ、今敏ってベタだとおもうの。ドライだったりトリッキーでは、けっしてないと。オシャレでエッヂの利いたことやってるようにみせて、あんがい浪花節な題材取ってみたり、わかりやすくベタなキャラ造形だったり(とはいえ、普通のアニメ演出家が手を出さないような人物に、野心的テーマを預けたりだが)、作画に関しても絵描きゆえの、妙なこだわりが随所にあるし…なによりまず、本作でパプリカ役を林原めぐみにやらせてるあたり…アニメの力を信じてるようなきもする(多少の台詞回しのくどさをも、プロ中のプロらの目の覚めるような職人技で処理しきる)。おそらく実写には振れるようなことはなのだろう。実験的な作風に切替ったり、リトグラフを大量に捌くような商売もするかんじではない…とおもう。どっか今敏って、見事な日本映画撮ってんな~とおもうし、ストイックだとおもう(たとえ『映芸』でインタビューされてても、細田にはそういうのがかんじられない)。

まあ故あってDVDで再見。っていうのは今冬のコミケの絡みなんですが…。以前劇場で観たときとあまり印象がかわらなかった。個人的にはすべて揃っている…原作は筒井、音楽は平沢、肝心の実作は今敏&マッドハウス、だし。でしょ?大好物や、嫌えないブツが、ぜんぶ揃っている!けど、あんがいココまで見事に揃っちゃうと、どうなの?っていう。互いに勢い削ぎあってしまっているようなきがするのね…。まあ前後してアレだが、同人誌用にセレクトしたのが本作。で、別件でとある方に依頼した原稿も、ひょっとしたら…とおもったら今敏の『千年女優』だった。おれは『千年女優』選ばないのよね。けど、その方は選んだ。そのへんが面白いとおもうし、そのへんの妙味が(今敏に限らず)冬コミの本に出れば…いいなあ。

パプリカ

(DVD鑑賞)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<携帯彼氏 (2009) | ホーム | じゃりン子チエ (1981)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2188-0e0c24ea
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。