スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
曲がれ!スプーン (2009)
2009 / 11 / 27 ( Fri )
アヴァンタイトルすぐ、「なんだよ本木じゃなくて本広なのかよ。んだよ克英じゃねーのかよ」 「しくじったよ製作ROBOTじゃねーかよ」…そんな嘆息まじりの言葉が劇場内に飛び交った。まあ…嘘ですけど。しかし主演女優の、大塚駅北口で何回転もこなした後のような、あの憔悴した顔(所帯じみた、とか経年変化、などという曖昧なレベルではない)。あれはなんなんだよ。あとさ、小劇場ごっこ、そんなに愉しいか?嬉しいか?…とかおもった。そうだよ。おれより幸せそうなやつは基本的に嫌いなんだよ!

曲がれ!スプーン
BPOに真っ先に目、つけられそうな超能力番組のクルー(長澤会長)と、あと偶然訪問するサテンの常連たち(志賀廣太郎や三宅弘城や、あと下北とか北千住くさい連中)らが織りなす、アットホームでちょっとふしぎで…まあ、クソどうでもいい話し。こういう、ローコストで適度に「きのきいた」とか、抑制きいててお洒落、とか勘ちがいして自尊してる日本映画には最近は憎しみしか抱けない。なんで超能力合戦しないんだよ。最低限『幻魔大戦』とかまで近接する気概もてよバーカ…とかおもってしまう。せっかくUFOまで登場さすなら、『仏陀再誕』見習って聖なる夜を壊滅さすとかのケレン味もてよクズ野郎…とかおもってしまう。ガキ共のスチルで感動とか、マジ愉しいのかそれ?本広克行、どんどん退化してんのな。

曲がれ!スプーン

(23日、フォーラム4)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<のんちゃんのり弁 (2009) | ホーム | クヒオ大佐 (2009)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2193-afac005a
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。