スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
パブリック・エネミーズ (2009)
2009 / 12 / 30 ( Wed )
ことし最後の映画がこれかよ…って。なんで早起きして『マイマイ新子』観にいかなかったんだろう?…元々テレビ屋だから、V撮りになんらの抵抗もないのだろう。現代劇とか、まあその『マイアミ・バイス』ね。自身のリメイクでもあろうし、そういうのであれば多少アリかなってきはする。あと『コラテラル』なんかも、筋立てにしろ小品の域だったし、機動性優先なのかなとか、トムクルが出ててもあえてカネねーんだ…的低予算感が却って新味にはなっていた。まだあの頃までは。でもこれはちがうんじゃね?NHKの大河じゃないんで、フィルムでやんなきゃならない題材なんじゃ?

パブリック・エネミーズ
公共の敵ナンバーワン!…ジョニデ演じる伝説のギャング、ジョン・デリンジャーさんの生涯を再現ドラマふうに描く。あくまで映画ではなくてドラマ。それも忠臣蔵感覚で。ほんでさー…ぜんぜんデリンジャさん魅力に欠けるのね。なんで銀行強盗すんのか、とか、盗んだカネでナニしたとかどーしたとかがまったくわかんない。偶然見かけたチャンネー(『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』のマリオン・コティヤール)に惚れて、連れまわしながら地元で強盗くり返してたらFBIの前身たる当局のクリスチャン・ベイルに睨まれて次々に仲間が減ってく事態に。そのうちテメエもとっ捕まって、はなればなれになってデリンジャーさん脱獄するも、今度はチャンネーのほうが当局に拉致られて、ひとりそっから決死の覚悟で連れ戻しに行く…って筋だとよかったのに。助け出そうとしてベイルさん達の銃弾に倒れる…って筋だとよかったのに。

冒頭で画の件で文句つけたが、筋、シナリオ、そもそも作劇じたいにも相当不満がある、というか退屈だった。テンポが煮崩れてる。長くてグダグダなのに歯切れがわるい。強盗シーン見せたいのか、恋愛見せたいのか、文字どおり公共の敵となって世間一般からも身内の黒社会からも爪弾きにされてく様見せたいのか…ぜんぜん孤独になんねーし、調子こいて映画観にいったりとか…なめてんの?だし、序盤で示され後半でも触れていた列車強盗して郵貯のカネ?だっけ?それを奪取する話しがないのに大いに不満。

そしてマンといえば銃撃戦だが(というかマンにはそれしかない)、脱獄したトコでの撃ち合いや商店街でのそれは、まあまあ。多少、あれ本編から乖離してね?程度。乖離しまくるくらいがマンの真骨頂。だが山荘での撃ち合いは…なんでここでクライマックスくんの!?生き別れのチャンネー絡まないじゃん!だし長いし!って、おもいつつ観てた。本作中唯一たぎったのはその山荘での、急造チームで組んだ狂犬ちゃんが、撃ち込まれながらも反撃しようとおもって地面に向かってズダダダ…ってあたりかな。『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』第一話冒頭の磯光雄の仕事を髣髴とさせゾクゾクした。ラストだけど、あんな至近じゃ頭部粉砕なんじゃねーのありゃあ?

パブリック・エネミーズ

(27日、フォーラム4にて)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<コミックマーケット77 | ホーム | the perfect kiss is the kiss of death>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2232-d4696567
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。