スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
映画ドラえもん のび太の人魚大海戦 (2010)
2010 / 03 / 28 ( Sun )
すでに半分意地で観にいってる新作ドラえもん。今年はなんと30周年!そんなことからか、記念からか満を持して楠葉宏三が総監督の冠脱いでついに登板。結論いっちゃうとこれまでの第2作2期での劇場版中で、もっともマイルドでバランスのよい作品になっている。

映画ドラえもん のび太の人魚大海戦
なんかしんないけど、海底人みたいなソフィアお姫様と偶然ダチになったドラえもん一行が、勇気と友情と圧倒的科学技術力とで海底人たちの生活を脅かす嫌なやつらを蹴散らす…いつもの筋。はっきり云って新味はまるでない。けど奇も衒っていない。渡辺歩にしろ寺本幸代にしろ妙にウェットになりがちな劇ドラだが(腰繁男の『宇宙開拓史』はそうでもないような…)、そのあたりギリギリで留め、からっとしてる(ドラミちゃんの快活さなどその象徴)。なので安心して観ていられる。そして周年作品ゆえか劇ドラで武田鉄矢の歌声が聴けるこの僥倖。あいかわらずシンエイOBの真保脚本なので、やはり小賢しい策で解決させるなど設定厨には堪らないだろうが、ちょっとどうなの?これでお前らスカッとするか!?ってきはした。最後は間に合わないのか、尺の都合なのかわからないが情緒的にならずアッサリと。そのあたり含めて、きらいではない。

映画ドラえもん のび太の人魚大海戦

(24日、ムービーオン シアター3)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<スパイ・アニマル Gフォース (2009) ※ デジタル3D上映 | ホーム | TEKKEN 鉄拳 (2009)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2274-4c82bf5d
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。