スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
ダーリンは外国人 (2010)
2010 / 04 / 10 ( Sat )
期待せずに観に行ってるから、なんの文句もない。たしかにテレビドラマ以下の内容で、いまどき異文化同士の衝突ってネタで一本でっち上げられるとおもってるから商売やめられないんだろう。いっちょ前に恋愛絡めたりして。そもそも個人的に井上真央ってかわいいとおもってて、なのでたまにみずほ銀行のATM行くと癒されます。癒されに行くつもりで行って、まあまあ癒された。あと邦画で外国人がスクリーンに出てくると、全員カネに詰まってそうな貧相さと愚かしさがにじむのは何故なんでしょう。

ダーリンは外国人
漫画家志望の女子(井上真央)が、自称ジャーナリストで日本かぶれのガイジン(ジョナサン・シェア)に喰われる話し。文化的齟齬を哂う、が基本線のはずが一向に哂えない。井上がガイジンどものホームパーティ行って「こいつ英語わっかんねーし」とか云われて嘲笑されるあたりが本質で、そこから一歩も進まない。そうこうして井上の姉のちゅらさん(国仲涼子!)の結婚式にハンドバッグ感覚でガイジンを連れて行くが、母親の大竹しのぶは好印象なれど父親の國村隼(あいかわらずの演技)はふたりの交際に反対だと告げる。そうこうしてアメリカ行く話しとか待望の雑誌掲載の話しなんかが交錯していく…。

コメディにも、ドラマにもなっていない。國村隼の登場によって無理やり物語が動き出そうとするが、どこ切っても薄っぺらなので上滑る。恋愛と文化のちがいと仕事と近親者の死を織り交ぜようにも所詮はエッセイ漫画。ドタバタもせずコンフリクトもない。…中身なんか最初っからなかったわけです。個人的に日本人女性が理由なくガイジンにぶらさがってるだけのくっだらない内容にしかおもえなかった(ないしは、不良ガイジンが日本人女性に寄生しているでも可。それは実在の?カップルたちのショットでも垣間見える)。んまあーおもしろかったシーンつか、再会した二人が異国で抱擁しあうのだが、交通量多いらしく背後でクルマがあたりまえにビュンビュン通過してて凄くロマンチックだったです!!

ダーリンは外国人

(ソラリス2)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<シャッター アイランド (2009) | ホーム | 真幸くあらば (2009)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2285-52790782
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。