スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
ウルフマン (2010)
2010 / 05 / 02 ( Sun )
ユニヴァーサル!そして、こういうかたちでジョー・ジョンストンの作品が観られるなんて素敵だろ。俳優だってアンソニー・ホプキンスやヒューゴ・ウィーヴィングなどと、なんだかクセがある連中ばかりでいいし(悲劇のヒロイン役、『サンシャイン・クリーニング』でゴスい妹ちゃん役やってたエミリー・ブラントだったんだ~)。音楽ダニー・エルフマンだし特殊メイクは御大リック・ベイカーだし…そう、申し分ない(ついで云えばVFXはダブル・ネガティヴとかリズム&ヒューズ)。そんなわかってる連中の筈なのに、なんでこんな急かすのかな。オーダーストップ間際の居酒屋ような煽られ方…。

ウルフマン
吸血鬼モノとゴッチャになってるせいもあるかもしれないし、ワーウルフ/ライカンねたのマナーってのがよく判ってないせいもあるが(ベイカーがやった『狼男アメリカン』くらい。『ウルフ』は未見)、とにかくデル・トロが狼に変身すんのね。その過程や前振り的予備動作は多少ある。けど舞台俳優である理由は薄いし、兄貴の死因をそんな執拗に追う動機もかんじられない。のちのち示されるとしても、でも肉親であるはずのホプキンスの造形も半端。エミリー・ブラントがなんであの城に延々いるのかも理解できない。んまあ、デル・トロに関してはあの犬っぽいツラで十分納得がいくかもだが。

新幹線のなかで紛失した前の号の「映画秘宝」でなんらか書いてあったきがしたんだが、要は相当編集して切られた様子なのね。先に挙げたメンツで、ジックリシットリ見せられたら、そりゃあもっと印象変わるのではないかとおもう。だが現実はコケオドシ的効果音が頻発され、チャカチャカした編集でケツを捲くられ、あげく『トワイライト』あたりで既に実践されているどつきあいアクションでクライマックスとなる。それでもわるくはない。ジプシーのキャンプ血祭りにしろ、ロンドンでのトーチャー・シーンや学術発表会のしてやった感はきらいじゃない。ただショックシーンの団子になるより、もうすこしキチンとした余韻を味わいたかっただけなんだ。

ウルフマン

(1日、フォーラム2)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<第9地区 (2009) | ホーム | 渇き (2009)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2297-b3ca36f4
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。