スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
告白 (2010)
2010 / 06 / 13 ( Sun )
いろいろ観ながら文句もつけたくなった。けどラストの奇妙な高揚感もわるかないので、久方ぶりに邦画でも復讐ってやつ描けるんじゃん!とか最終的におもってしまった。んまあヒューマニティー方面に舵切られちゃうきらいがあるのだが(なーんてね☆)。ジャンル開墾したり寝た子起こしても、けっきょくは漁場荒らして根絶やしにしてしまう相変わらずの中島哲也の作品ですわ。

告白
モノローグ、勝手に松たか子がペラペラくっちゃべってるだけ。告白というより演説。こんだけ沢山出てるのにガキ共に興味が注がれない。処理を放棄しているのだと判断。ジワジワそしてソワソワとした予感に満ちた時間が流れ、そこにノイジーでドローンなBoris(たぶん)がひたひたと油を注いでいく。ここまでははっきりいって悪趣味なだけで駄作だな~といったかんじ。見て見てコレすごい映像でしょう?っていう技法のショーケースだなと。これみよがしな、テクニック集。CMやPVみたくカネと手間かけた撮影とポスプロ。にび色の空、アホみたく執拗に繰り出すハイスピード撮影(数種類のスローモーション)。常に画面右1/3にソフトな紗が掛かっている。たか子先生が辞めて新学期になって、つづく話者(進行の主体)が切り替わっても、べつに岡田将生お前告白してねえじゃん!とかおもってしまう。

だがしかし。木村佳乃の魂が変調きたしはじめる辺りから一変する。そりゃおれだって木村佳乃から睡眠薬入りのサンドイッチ喰わせてもらって寝てるトコひん剥いてもらって濡れタオルで身体ふきふきしてもらいたいです!できれば起きてるときがいいけど!そんな具合でジワジワからやや歩みを早めてく。一部の熱烈たるamazonカスタマーレビューに散見される縦読みライクな色紙コマンドでボンヤリしてたおれも流石にきがつき始める。素敵すぎるコンビニのデコレーション経て(ちょっと過剰。でも新味アリ)どんどんアガる(編集は小池義幸という方。サティとか恥ずかしげもなく織り交ぜており、旧劇場版における摩砂雪演出にちかい扇情的かつスラッシーなノリが味わえる)。まあおれがこの場で云うのもなんだが、ブログってなんか懐かしいかんじしますけどねえ。

邦画史上もっとも高速度撮影がなされた極端な作品ってきがするし、ここ10年で区切ってもトップクラスのアンモラルぶり。研究室爆破シーンのVFX(オムニバスジャパン、ルーデンス)は流石の出来だし、こういう題材をメジャーでやるのは勇気があるし立派だが、ある面であまりに卑怯だ。低予算でやれる苦肉の策・題材が大資本の企画として搾取されてよーな…。観終えても、どこか駄作だともおもう。どこか手練手管を弄しているだけにしか見えない熱のなさ、ペラさ。これってまあ、けっきょくはチョッピリ度を越した道徳の時間でしょ?って。けれど観る価値はある。観ながらどんどん評価が変わっていった。今後どうなるかは別として、この瞬間では価値がある。

告白

(11日、フォーラム5)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<タイタンの戦い (2010) ※ 日本語吹替、デジタル3D上映 | ホーム | ニューヨーク、アイラブユー (2008)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2317-d84783dd
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。