スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
トイ・ストーリー3 (2010) ※ 日本語吹替、デジタル3D上映
2010 / 07 / 28 ( Wed )
ほとんど神格化されて祭壇に祀られた(そう、ある意味各種権利書や銀行届出印や有価証券といった風情。とうぜんディズニーの虎の子)ままといっても過言でないシリーズに、また灯がともった。それも、かつてない焔が。捨て鉢になったオモチャたちの必死さがその灯をともす。ピクサー史上もっとも許しがたく病んだ悪党が登場し、サニーサイド幼稚園を舞台にウッディやバズ、ジェシーたちがバイオレンスの渦に巻き込まれる…。

トイ・ストーリー3
もう、おれがどうのこうの云うまでもなく傑作ですよ。ギャンギャンになかされた。もう挨拶代わりのアヴァン、つづくアンディとウッディたちの蜜月時代フッテージでおれの錆びた涙腺故障ですよ。…多少のいきちがいがあったものの、持ち主に遊ばれなくなった玩具たちが存在を賭けて闘いぬく。託児施設がアルカトラズみたいになってたり、悪漢が半端ないトラウマ持ちだったり、まあそれって出来はいいものの戯画化した過去の脱走モノとかの変種、引用じゃん。なのであたらしい話しではない。いやそうなんだけど…だけど…。

あまりにバカ丁寧に直球を放る。監督は…いつものラセターではなく、リー・アンクリッチというひと。直球と云っても、覚悟の決まった客を選ぶ堂々たる球筋。それをいま見過ごしていいんだろうか?懸命にウッディたちはもがく。ときとして、神の手に助けられるのだが(ちょっと野暮なんだけど、あのアームが伸びるまでの静謐さったらない)。この力強さは感情移入とかいうくだらない言説で喩えられる筋合いのものではない。同時に、『9<ナイン> ~9番目の奇妙な人形~』なんか撮ってる演出家が一生かけても到達できない意義の在る画が居並ぶ。手口があざといし新味もなく、ぜんぶ既存の情動を醸す古びたシークエンスの羅列かもしれない。けれどおれは真心たしかにかんじた。

トイ・ストーリー3

(27日、ソラリス3)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<デイ&ナイト (2010) ※ デジタル3D上映 | ホーム | 9<ナイン> ~9番目の奇妙な人形~ (2009)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2332-5fc52c1d
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。