スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
マイレージ、マイライフ (2009)
2010 / 05 / 05 ( Wed )
こすからい業界内幕モノだった『サンキュー・スモーキング』、あと『JUNO/ジュノ』で、しまりのないティーンの貞操観念とファンタジーと中年のクズなロマンを全肯定したふりして鼻で笑って融合させてたひとが監督したなら、まあこうなるよな~という程度。情に棹差さず、これまでマジ煩わしいとしかおもえなかったクズとクズが手をつなぐことの重要性を獲得していくまでのお話し。こんな話しでテメエの半生省みちゃったりとかしないほうがいい。

マイレージ、マイライフ
出張狂で度し難いマイラーで出張先のホテルがマイホームというヴェテランリストラ宣告人(ジョージ・クルーニー)と、出張経費すら惜しいとおもえる現代っ子のクルーニーの部下で新卒女子(アナ・ケンドリック)が、行く先々でリストラ宣告したり宣告失敗したりイージーかつカジュアルな一夜かぎりの恋をしたりする。…そう、会社経費の名の下で好き勝手出張の本質を貫いていく。クルーニーは同業とおぼしきキャリア妙齢アラフォー(ヴェラ・ファーミガ)との勝ち組カジュアルセックスの果て実家の人間に紹介したりとか、いつしか本気になっちゃうのだが…。

中盤まではジェイソン・ライトマンによる業界内幕&新兵訓練モノ。けれどあるタイミングで光り輝いていた生活習慣がさもしくおもえてくる。妙に所帯じみたり、奇麗事で済まなくなってくる。マイレージがどうとかアンタばかなの?みたく。シンクロ出張地で待ち合わせたアラフォーと一晩中ハメハメしてさよなら。そんなの嫌だと勇気奮うものの結果は痛ましい。それでも最後は『JUNO/ジュノ』っぽい仄かな希望匂わすエンディングな。クルーニーの講演ネタであるバックパックのくだり、どの辺がモチベーションに繋がるのかさっぱりだった。でも概して講演会ってあんなもんかもよ。

マイレージ、マイライフ

(5月5日、フォーラム3)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<フィリップ、きみを愛してる! (2009) | ホーム | 時をかける少女 (2010)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2342-34dec97f
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。