スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
ベスト・キッド (2010)
2010 / 08 / 28 ( Sat )
84年のオリジナルは観ていないという前提で…でもわるくない。むしろよかった。都合のよさ、たとえば出会う主要人物みな英語介すとか、『マトリックス』ばりのチートぶりとか、いくら北京とはいえ万里の長城でトレーニングとか、あの妙なツボマッサ道具の効能とか、そんなんもありますよ。けれど異国まで来て、到着初日で運命が形づくられる。ほれた女と嫌なやつ、そしてカンフーの洗礼。"小DRE"(だってまじ石丸博也がそう云うんだもん!)のデトロイト下町魂に火がつけられる。ヒロインのメイリン(ハン・ウェンウェンちゃんという子)、じつにキュートだったなー。

ベスト・キッド
ウィル・スミスの息子(ジェイデン・スミス)がねえ、素直にスクスク育ってるかんじで嫌えないんですよ。公園で現地の悪ガキにのされた後の表情とか親父もなんだかこんなヤラれ顔だったよなーとか。吹替は矢島晶子!ナイス。そして師になるジャッキーも渋みや苦味があふれてて宜しい。とくにリビングに鎮座されたレストア車(シロッコだって?ちゅうごくでVWはリアリティのある話し)の顛末とかね!ほとんどJ・G・バラード的メタファーっつうか…!じっさいは山道事故ってことで『クラッシュ』ではないもののジャッキーの底の暗さが伝わる。そしてそして…小DREの仇チームの指導者!ユー・ロングァンという役者さんらしいんだが、どう見ても(『リング』『らせん』の)鈴木光司そっくりで「ああ、こういうジャンルのかおなんだー」って、みょうな納得感で観てましたよ…。

ベスト・キッド

(ムービーオン シアター7)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ザ・コーヴ (2009) | ホーム | カラフル (2010)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2351-086df95b
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。