スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
特攻野郎Aチーム THE MOVIE (2010)
2010 / 08 / 20 ( Fri )
冒頭…リーアム・ニーソンの、おこらせたら、本気出させたらこわいんだよ?っていうハンニバルのあの髪型でまず何の文句も出ない。普段のヘアスタイルと比べ、五割増しでなにか仕出かしそうな不穏さ。つづく砂漠でのB.A.との物騒すぎる出会い、ほんでコマシ野郎フェイスを救出。ついでにどうかんがえても異常人物であろうマードック(『第9地区』のシャールト・コプリー)を仲間に引きつれ凱旋。見せ場を見せ場としてキッチリ準備。途中から単純な肉弾アクションではなくなる。後半、傭兵のリーダー(ブライアン・ブルーム)がいきなり街中でバンバン目立ちはじめるトコとかカーナハンの『スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい』っぽいな~とおもったらアレにも出てるひとじゃんね。

特攻野郎Aチーム THE MOVIE
オリジナル知らんけど(なので吹替で観るとかいうこだわりも生じない)、まさしく奇を持って~っていうくるくるする内容。ひとのいやがる臭い仕事ばかり好んでやってるプロテイン漬けの独立愚連隊みたいな連中(でも一応正規軍)が、友情やプライドを賭けて命を張る、窮地にあえて身を置く、無茶をやる。いったい『NARC』はなんだったの!?とか眠いこという通ぶった連中(おれとか)をいよいよ黙らすに足る一本。TVシリーズものの映画化っていう景気のイイ物件。大金預けたカーナハンにぴったりの派手かつヘンに凝った筋に、痛ましいほど立ちすぎる程のキャラがわんさか、大挙。中盤以降のトーンもわるくない…けどチト長いかな。

特攻野郎Aチーム THE MOVIE

(20日、ムービーオン シアター6)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<カラフル (2010) | ホーム | 宇宙ショーへようこそ (2010)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2355-fc613273
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。