スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
REDLINE (2010)
2010 / 10 / 11 ( Mon )
観おえるとただ呆然とする。まぶたにはエフェクトの残像がのこっており耳元にはマシンの轟音がいまだ響きつづけている。まあべつになにも(メッセージ性とか)のこらない。体感的というか経験的なもの。十分満足。中途半端な仕事の印象しかない石井克人の紡ぐ脱臼キャラクターが、川尻義昭的なマッドハウスのある種本流といえるアニメーション世界で暴れまわる。結果としてグリグリ動きまくって途方もないエフェクトが拝める稀有作品に。監督は小池健。

REDLINE
DVDマガジン『Grasshoppa!』の『TRAVA FIST PLANET』がタチのわるい冗談だったとしかおもえない出来ばえ。またSFネタでオリジナルで、黒でつぶしたシェードってコトで一瞬『DEAD LEAVES』の再来か!?などとおもってしまったがそんなことはない(まあ今石氏も原画で参加してるけど)。とにかく基本レースもの。極端すぎるキャラクターが『F-ZERO』ライクな無茶してる改造車を駆る、そのなかで友情やらマシン改造やら八百長やらロマンスがバランスよくぶちまけられている。観ている間はどっかんどっかんやってるのでそのアニメートを追う&浸るのに精一杯。レース展開に割って入る格好のファンキーボーイのくだりは確実に『AKIRA』や『ナウシカ』のクライマックスを意識しているとしかおもえないし…とにかくすばらしい。

スパッと切れ味のいい幕切れののち流れるスタッフロール観ながらいくつか作品名が浮かぶ。…単純だけどやはり前述の川尻の『迷宮物語 走る男』や榎戸洋司が脚本やってる『少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録』とかね。だってマシン圧壊しながらゴールに飛び込んでくるシーンなどは『ウテナ』想起せざるを得ない。そう、観てみりゃ単純な話なんだけど石井のほか榎戸洋司、櫻井圭記の3名が脚本でクレジットされており、ゆるすぎて耐え切れない石井のノリは前半部のみで抑えられ、アホみたいな熱量のまま後半怒涛というか畳みかけるアツい展開に。本当絶妙なサジ加減なのだな~とおもわされる。もう一回くらい観てみたいかな…。

REDLINE

(フォーラム5)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<恐怖 (2009) | ホーム | ナイト&デイ (2010)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2375-f01843e2
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。