スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
怪盗グルーの月泥棒 3D (2010)
2010 / 11 / 21 ( Sun )
へんな黄色いのが沢山大暴れする相当低年齢向け作品なのかな?とかおもいつつ(だっておれのしるかぎり筋を示せてない予告だったから)観にいったらねえ…舌足らずな箇所も沢山あるし、ムードの変わり方も強引なんだけど親不孝してるイイトシした独身男には身につまされる痛い内容になっている。突如"DESPICABLE ME"ってタイトルが出たんで、あれ?ピクサーみたく短編でもはじまるのかな?などとおもったけど本編だった。まさしく"ほんとイヤーなおれ"って導入だったりで…そういう意味では吹き替えもわるくない。最後まで関西弁くどくどしいけど鶴瓶でちょうどよかったのかもね(悪役もいけるので)。脇は山寺宏一や須藤祐実、矢島晶子らがおさえている。

怪盗グルーの月泥棒
世紀の大怪盗をめざすが悪党としてイマイチ実績の積めていないグルー(CV:笑福亭鶴瓶)は、黄色いヘンなのとか老いたマッドサイエンティスト(CV:伊井篤史)の協力なんかもらいながら、なんと月を盗んでしまおうなどと頓挫した押井守版ルパン三世みたいな途方もない夢を持つ。その裏には彼の幼年期にまでさかのぼる母親への複雑な想いがあるのだが…。一方養護施設に暮らす、マーゴ(CV:須藤祐実)、イディアス(CV:矢島晶子)、アグネス(CV:芦田愛菜)の三姉妹は、養子縁組むすんでくれる未来のパパママ待ち続けながらクッキーのノルマ付訪問販売という虐待すれすれの搾取をうけながらも健気にすくすくと育っている。そんなグルーと三姉妹がひょんなことから出会ってしまうのであったが…。

序盤のグルーは本当に嫌味なヤツで、同時に秘密基地の異様な充実ぶりと荒唐無稽な犯罪完遂を目論んでるあたり、なんか『Dr.スランプ アラレちゃん』の劇場版みたいなノリのキャラクター。そういや三姉妹にもメガネちゃんなぞいたりするんだが…。三姉妹の可憐さ純粋さを悪用して秘密兵器を奪還するのだが帰り道立ち寄った遊園地で心情変化しはじめる(ここでのローラーコースターは3DCGアニメでようやく登場してしまったキラーシーン!)。まあベタといえばベタで、タイミングとしてあまりに都合が良すぎるかもしれない。けれど以後グルーは徐々に庇護者のきもちを持ちはじめたり、彼女らのために一生懸命になる…変わりはじめるのね。どうしようもない日陰者のダメな人間が、必要とされて、また彼女らピュアな心に触れて改心するだなんてあまりに常道すぎるかもしれない。でもなんかやっぱ単純だけどおれはグッときてしまう。この擬似家族に何度か涙腺刺激されてしまう。最後オチとしてワーッと皆して踊るっつうのもお約束的というかベタだけどね。とにかく、こういう作品は気楽に観れていいなあ。

怪盗グルーの月泥棒

(20日、ソラリス3にて)
映画 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<名前のない女たち (2010) | ホーム | エクリプス/トワイライト・サーガ (2010)>>
コメント
----

はじめまして。

怪盗グルーの月泥棒、私も見ました。

あまり期待していなかったのですが、かなり満足度の高い映画でした。

本当の意味で悪いヤツが1人も登場しない、アットホームな世界で、私もアラレちゃんに近いなって感じました。

心が温かくなるっていうか、優しい気持ちになる映画でした。

続編が作られるようなので、今から楽しみです。
by: naotomo * 2010/11/26 02:51 * URL [ 編集] | page top↑
----

naotomoさん、コメントありがとうございます!

ベタですがダメな人間が改心していく話しに弱くて仕方ないのです。
・・続編が作られるんですか!?じぶんも楽しみです。

ホームページ拝見しましたが、丁寧な分析がされていて勉強になりました~
by: ナーニカ * 2010/11/26 14:29 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2400-4c6abe7a
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。