スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
名前のない女たち (2010)
2010 / 11 / 23 ( Tue )
名前くらいしか知らないのでアレですが(なんかVオリや国映仕事でエロいスプラッタもの撮ってるひと、という印象の)、佐藤寿保監督作品。なんとも複雑なきぶんにさせられた。序盤など、別段このテーマにこだわりとか興味なんざ更々持ってないんだろうなーとか、いまだにオタクがどうのとか却って撮れないよなーとか複雑なおもいというか、なんでこんなのにカネ払っちゃったんだろ…なんてかんじながら観るしかなかった。ブシャブシャ血しぶき飛び交うシーンとか部屋でビールかけしながら全裸になるとかは、本当どうしよう…とおもった。あ、ぜんぜん関係ないけど撮影は鈴木一博でキヤノンの「EOS 7D」っつうスチルカメラで撮影したらしいです(公式HPに書いてあった)。

名前のない女たち
あまり詳しくわかりませんけど、アダルトビデオ業界で十把一絡げの、掃いて捨てられる存在の"企画女優"の生態に焦点あてたノンフィクションを基にしたフィクションだそうです。おそらく実在する複数の企画女優の境遇やら体験エピソードやら総合してるんだろうけど、てゆうか出来あがりがこんな内容では原作もクソもあったもんじゃないのではないんでしょうかねー。いったい何年前の人物造形と舞台設定と演出なのよ…と驚愕。要するに企画女優も予備軍も彼女らの家族もスカウトマンも所属事務所も消費者たるファンも、皆すべて「どっかおかしいんじゃね?こんなAVつくるやつも出るやつも買うやつも確実バカでしょ?」といったお定まりの視点でしか描かれていない。そこから一歩も踏み出さず、あまりに類型的なハンコみたいで不快だなーとおもいました。ラストどたばたと海に向かって走るとかもうね…。

名前のない女たち

(21日、フォーラム1)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<バトル・ロワイアル3D (2010) | ホーム | 怪盗グルーの月泥棒 3D (2010)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2402-b2e9665e
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。