スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
十三人の刺客 (2010)
2010 / 10 / 01 ( Fri )
十三人の刺客

ようやく、庄内映画村つくった甲斐がある作品が登場したなーと。まずね、時代劇って云っても貧相な金太郎飴みたいな藤沢文学のローコスト映像化ばっかでなくて、曽利文彦や阪本順治の噴飯物のジャンクばっかじゃなくて、たまにゃーこのクラスの作品が撮られてもらわないと困る。それに三池崇史が挑んで、脚本で盟友天願大介が、そして豪華キャストとが応えた、そういうことですわね。残念ながらあの寒村でのバトルはやや長すぎだし(勝新最後の『座頭市』をなんとなく想起。あっちは尺サイズにしろ必然があった)、それに至るまでだってダレ場スレスレだとおもう。稲垣吾郎のお殿様、ふつうにまるで興味が沸かなくなった…っていうキャラなのは理解できるしわるかないけど、どっか「このひとは映画の国のひとじゃないなー」というおもいをつよくした。そんな調子なのでかなり時期、個人的には谷村美月がひどい目にあうあたりがピークでしたわ。

十三人の刺客

(1日、TOHOシネマズ梅田・シアター3)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<おにいちゃんのハナビ (2010) | ホーム | 君に届け (2010)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2409-686f126f
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。