スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ 天使たち~ (2011)
2011 / 04 / 22 ( Fri )
のっけのアバン、二人のロボットの瞳。つづいてリルルも早速の登場(シルエットだけだけどリルル美少女杉)。オリジナルに忠実でありたいとありったけの敬意示すかのような導入。おなじみ『夢をかなえてドラえもん』を背にしてタイトル。監督は寺本幸代、脚本は例によって真保裕一なのかよ…とおもったらちがった!清水東ってひと。この人事変更は功を奏するのか…以下ネタバレ、つーかオリジナルとの比較とか。まあ正直芝山版のほうがシンプルでロウで、かつ腹にのこるような内容だったきがする。でもなかなかよかったしなけたし、安易に云いたくないけど『のび太の恐竜2006』に勝るとも劣らない出来ばえだった、とおもいました。

映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ 天使たち~
基本的にオリジナルのまま、でも作画にしろ美少女描写にしろエフェクトにしろ作劇にしろ(メカとエフェクト作監は鈴木勤。原画に大塚正実、橋本敬史など)、四半世紀の時を越えたこってりとした例の筆致(主線)と重量感で圧倒する(なおランタイムは100分から108分とやや増加)。いつもどおりの新劇場版のドラえもんの画なので崩せるものも崩せないのだろうが、画的な満足はさすが。オリジナルのザンダクロスはエアブラシの特効が効いていたが、本作では全編そこいらのメカアニメが裸足でにげだす正調アップデート&本気ぶり。(ドラにしては)ディスプレイデザイン等々の細部もよかったし…エフェクトがもうね!

なにげなくしずかちゃんが押したボタンが引き起こす鏡面世界での大惨事、ドラ史上最狂の爆発エフェクト。そして地震に見まがうような部品落下シーンしろ、水難事故一歩手前のザンダクロスの泳ぎにしろ、観てるこちらはなんだかよくない胸騒ぎがする。やはり、兵器ロボットの禍々しさがそこにある。

そうこうして雨あがり、二人の少女がすれちがう。女で苦労する典型ののび太、とんでもない破滅の女神に破滅のキーをあっさりと受け渡してしまう。のび太とドラえもん、消えたリルルを追いかけるがわるい予感がそのまま的中、兵団のロボットから命からがら逃げるのであった。まあぶっちゃけ次元震?だっけか。裏山がセカンドインパクトさながらの惨事の舞台となるのだが、このシーンえらくエフェクトアニメとして秀逸だった。発射されるビームの閃光…パーティクル?非常に見ごたえあった(なんか煌き具合が『宇宙ショーへようこそ』に似ているきも)。

「人間はダメな生き物ピヨ~」。…オリジナルにあったミクロス(スネ夫のロボット。コメディリリーフでしずかちゃんのバディ)をばっさりオミットし、かわりにピッポっていうマスコットキャラ的存在が登場、心がわりするのはリルルだけでない。そう、ピッポとのディスカッションドラマも付加。いくら鏡面世界とはいえほとんど生き死ににかかわる市街戦が織りなされ、のび太とピッポとの友情、ツンデレな交感が描かれる(なおこの直後オリジナル同様、自宅で襲われるしずかちゃんをのび太が間一髪助けるシーンがあるのだが、これは芝山版のほうがカット数からいってもキレがあって遥かに格好いい…なんらか実写からパクったのかな?)

「人間は本当にダメな生き物なのかな」。そのー、ピッポの存在が重すぎて、リルルとピッポの心の係わり合いで一日使ってしまうのはテンポ的にどうかとおもう(あとロボットのくせにふたりとも喋りすぎなんだよな…)。兵団に破壊された街並み、リアルなレイアウトなのでいまのこの現実となぞらえてしまい複雑なきもちになる。アムとイムからはじまったこの歴史、3万年前のメカトピア建国まで遡る。ここもオリジナル踏襲。だけどいままでのややグダグダしたリルルとピッポの描写積上げが花開くとき。胸部のハッチが開き板野サーカス!拍手喝采というより魂のGスポットツンツンされたかのように堤防が決壊、涙が止まらない。そして「もうすぐすべて終わる…」。クールな仕上がりとなっていたオリジナルと真逆のベタな演出。編みこまれたグダグダが一気に昇華する瞬間。BD買いたいかも…。

映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ 天使たち~

(17日、ムービーオン シアター6)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん (2010) | ホーム | If there's been a way to build it, There'll be a way to destroy it, Things are not all that out of control.>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2459-41b7c204
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。