スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
東京流れ者 (1966)
2011 / 06 / 11 ( Sat )


暗部つぶれたオープニングでちょっと気勢そがれるが(やっぱ全編これなのかよ…的な)、ビルの担保がどうの手形がどうのあたり序盤の状況説明はふつうというか、キチンとおもしろい。一応カタギになったヤクザ(渡哲也)が、親分慕いつつも結局は騒動に巻き込まれ、東京離れて庄内や佐世保をぐるりと廻ってまた東京に流れつく…そういう話し。いよいよおかしくなってくるのはスクラップ工場や列車背に撃ち合うシーン。労働で疲れていると、こういうケレンが辛くなってくるのだが…そんなタイミングで二谷英明が!ほんで佐世保のキャバレーの大混戦!…そうして仁義の狭間にはまり、もまれて、流れる。「流れ者にゃ女はいらねえんだ…女と一緒じゃ歩けないんだ」。はっきりいって鈴木清順は買ったり借りたりしてまで積極的に観たいとおもってないので、こういう機会はありがたい。そして、こんだけ活動してるフォーラム(と今回は日活)は本当にえらい。

(10日、フォーラム4"復興名画上映会")
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<マイ・バック・ページ (2011) | ホーム | SOMEWHERE (2010)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2487-62a476f5
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。