スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
イップ・マン 序章 (2008)
2011 / 06 / 23 ( Thu )
イップ・マン 序章

公開順が前後したものの(『イップ・マン 葉問』からだったので当惑。ルイス・ファン片耳がわるい理由もさっぱりだったし)、でも観る事ができてよかった。最初はイップ・マンさんの優雅な生活からスタート。メシ喰って、時折訪問客相手に応対(勝負)して、タバコ吸って寝るだけののんびりライフ。でもまあ、強いもんだから皆放っとかない。そんな、ちょっとした地元佛山でのトラブルから、日本軍将校三浦(池内博之)との対決まであんがいシームレスで突き進む。ここできになるのが、トラブルと縁が作用して紡績工場の従業員に武術を教え始めるあたり。このふしぎな流れ…だが熱くなる(川井憲次のスコアも堅調)。ここで示される困っている人からの略奪なども、んまあ文化としていまなお連綿と続いているんでしょうけど。ほんで池内、ふつーによわすぎだろって(というかドニーがつよすぎる。バランスがおかしい)。もっとしっかり拮抗してくれ!とおもった。あー嫌みったらしい日本軍の副官佐藤役は渋谷天馬さんという方が演じられてて、けっこういーなーとおもった。

イップ・マン 序章

(11日、フォーラム4)
映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ソリタリー・マン (2009) | ホーム | ジャッカス3D (2010)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://daliandisease.blog47.fc2.com/tb.php/2491-033f4fe0
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。